Hepsetidae、おさかなマガジン 分類トップ

Hepsetus odoe
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*旧世界・新世界【骨鰾系】。
*淡水棲、汽水域進入性【骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は完全【骨鰾系】。
*追星・若しくは性的2型(例外あり)【骨鰾系】。
*白亜紀〜現代【カラックス目】。
*旧世界(アフリカ・欧州)、新世界(中南米)【カラックス目】。
*淡水棲、汽水域侵入性、海水棲(絶滅種)【カラックス目】。
*体は側扁、紡錘形・円盤状・細長いものなど【カラックス目】。
*顎に歯(大きさ・形状は様々)がズラリと並ぶ(よって近縁はナマズと電気ウナギ)【カラックス目】。
*ヒゲはない【カラックス目】。
*円鱗・櫛鱗、多くが金属光沢【カラックス目】。
*背鰭は1基【カラックス目】。
*脂鰭を有する(例外あり)【カラックス目】。
*尾鰭は戴形・湾入・2叉【カラックス目】。
*小型種には性的2型が多く見られる【カラックス目】。
*卵生、営巣・保護する魚種がある【カラックス目】。
*旧大陸(アフリカ)、欧州(絶滅)、新大陸(北米南部〜中南米)【カラックス亜目】。
*淡水棲、汽水域進入性、群泳【カラックス亜目】。
*体高の低いものから円盤状まで様々、側扁【カラックス亜目】。
*サイズも数センチからメートルクラスまで【カラックス亜目】。
*両顎に歯が並ぶ魚種から無歯の魚種まで【カラックス亜目】。
*無歯の魚種の腸管は長い【カラックス亜目】。
*幾つかの魚種は脂鰭を欠く【カラックス亜目】。
*尾鰭は2叉【カラックス亜目】。
*旧大陸、アフリカ【ヘプセトゥス科】。
*淡水棲【ヘプセトゥス科】。
*体高低いパイク体型【ヘプセトゥス科】。
*円鱗【ヘプセトゥス科】。
*吻端は尖る【ヘプセトゥス科】。
*捕食性で顎には牙がズラリ【ヘプセトゥス科】。
*背鰭は体の後方に位置、脂鰭は小さい【ヘプセトゥス科】。
*背鰭鰭条9【ヘプセトゥス科】。
*臀鰭鰭条11、開始は背鰭よりも前方【ヘプセトゥス科】。
*浮巣、これを両親が守る【ヘプセトゥス科】。
*大型になるが寿命は4〜5年と短命【ヘプセトゥス科】。



Family HEPSETIDAE HUBBS 1939 ヘプセトゥス科
African Pike Characoid (Hepsetus odoe)
Hepsetids (ヘプセトゥス科)
Kafue Pike (Hepsetus odoe)


Genus Hepsetus (SWAINSON 1838) ヘプセトゥス属
   ※=Genus Sarcodaces GÜNTHER 1864。
   ※=Genus Xiphorynchus CUVIER & VALENCIENNES 1849。
   ※=Genus Xyphorhynchus。スペルミス
   ※=Genus Xiphosoma SWAINSON 1838 Sub-Genus Hepsetus SWAINSON 1838。
   ※≠Genus Xiphosoma WAGLER ex SPIX 1824 [Boidae, Squamata, Reptilia]。
   ※≠Genus Xiphosoma MARSHALL 1892 [Ichneumonidae, Hymenoptera, Insecta]。
   ※+Hydrocyonoides DE CASTELNAU 1861 (Type species : Hydrocyonoides cuvieri de Castelnau 1861)。
   ※← [Sub-Family Hepsetinae HUBBS 1939]。
   ※← [Sub-Family Sarcodacinae EIGENMANN 1909]。
 Hepsetus akawo Decru, Vreven & Snoeks 2012
Hepsetus odoe  Hepsetus kingsleyae Vreven, Decru & Snoeks 2013
 Hepsetus lineatus (Pellégrin 1926)
   syn.Hepsetus odoe lineatus (Pellégrin 1926)
     Sarcodaces odoe lineatus Pellégrin 1926
 Hepsetus odoe (Bloch 1794) "アフリカンパイクカラシン"。
   syn.Hydrocyonoides cuvieri de Castelnau 1861
     Hydrocyonoides odoe (Bloch 1794)
     Salmo odoe Bloch 1794
     Sarcodaces odoe (Bloch 1794)
     Sarcodaces odoe microlepis Boulenger 1901
     Xiphorhamphus odoe (Bloch 1794)
     Xiphorhynchus odoe (Bloch 1794)
   ※IUCN Least Concern ver.3.1


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26〜28℃
適性pH
6.0〜6.8(〜7.5)
混泳
混泳同種・同型=× 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system