Hemicyclaspididae、おさかなマガジン 分類トップ

Hemicyclaspis_murchisoni.jpg(60883 byte)
*カンブリア紀〜現代【無顎上綱】。
*軟骨【無顎上綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、底棲【無顎上綱】。
*顎を欠く【無顎上綱】。
*対鰭を欠く(例外あり)【無顎上綱】。
*体外受精、産卵後に死亡する魚種あり【無顎上綱】。
*シルル紀〜デボン紀【ケファラスピス綱】。
*底棲【ケファラスピス綱】。
*頭部に装甲【ケファラスピス綱】。
*鼻孔は1、背側に開口【ケファラスピス綱】。
*体高低くトカゲ状、胸鰭が目立つ【ケファラスピス綱】。
*尾鰭上葉が伸長【ケファラスピス綱】。
*シルル紀【アテレアスピス目】。
*北半球(欧州+北米)【アテレアスピス目】。
*シルル紀【ヘミキクラスピス科】。
*欧州、北米【ヘミキクラスピス科】。
*胸鰭・背鰭・尾鰭を備えた遊泳能力の高い無顎【ヘミキクラスピス科】。
*胸鰭は頭甲から分離、菱形の幅広【ヘミキクラスピス科】。
*背鰭は1基で小さめ・尾柄の前方に位置【ヘミキクラスピス科】。
*歪尾で脊柱は上葉を形成【ヘミキクラスピス科】。



Family HEMICYCLASPIDIDAE HEINTZ 1939 ヘミキクラスピス科
Hemicyclaspidids (ヘミキクラスピス科魚種)


Genus Hemicyclaspis (LANKESTER 1870) ヘミキクラスピス属 (絶滅)
   ※=Genus Cephalaspis AGASSIZ 1835 Sub-Genus Hemicyclaspis LANKESTER 1870。
 シルル紀。欧州アバロニア(ノルウェーのエストランと英国)、北米(カナダのヌナブト)。背鰭は後方に1基。

◆ヘミキクラスピス・リグトボディイ (絶滅)
 Hemicyclaspis lightbodii (Lankester 1870)
   syn.Cephalaspis lightbodii Lankester 1870 ※=Cephalaspis (Hemicyclaspis) lightbodii Lankester 1870。
 『The Cephalaspidae, in a Monograph of the Fishes of the Old Red Sandstone of Great Britain:Edwin Ray Lankester (1870)』。
 シルル紀後期(Ludlow)。英国シュロップシャー(Shropshire)。

◆ヘミキクラスピス・ムルキソニ (絶滅)
 Hemicyclaspis murchisoni (Egerton 1857)
   syn.Cephalaspis murchisoni Egerton 1857
     Cephalaspis ornatus Egerton 1857
     ? Hemicyclaspis murchisoni var.ludlowensis Stensiö 1932
 『Palaeoichthyological Notes, on Some Fish Remains from the Neighbourhood of Ludlow:Philip de Malpas Grey Egerton (1857)』。
 『The Cephalaspidae, in a Monograph of the Fishes of the Old Red Sandstone of Great Britain:Edwin Ray Lankester (1870)』。
 『The Cephalaspids of Great Britain:Erik Andersson Stensiö (1932)』。
 シルル紀終期(Přıdolı)。イングランド。



Genus Hemiteleaspis WESTOLL 1945 ヘミテレアスピス属 (絶滅)
 シルル紀。スコットランドのカウィー港(Cowie Harbour)魚類層。頭甲の部分と鱗に命名。

◆ヘミテレアスピス・ヘイントジ (絶滅)
 Hemiteleaspis heintzi Westoll 1945
 『A New Cephalaspid Fish from the Downtonian of Scotland, with Notes on the Structures and Classification of Ostracoderms:Thomas Stanley Westoll (1945)』。

inserted by FC2 system