Gymnotidae, Gymnotiformes、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*旧世界・新世界【骨鰾系】。
*淡水棲、汽水域進入性【骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は完全【骨鰾系】。
*追星・若しくは性的2型(例外あり)【骨鰾系】。
*新世界、南半球、南米大陸【電気ウナギ目】。
*淡水棲、多くが底棲、流れを好まない【電気ウナギ目】。
*体高低く殆どが側扁、一部に円筒型【電気ウナギ目】。
*体は装飾もなく靭やか、但し積極的に曲げることはない【電気ウナギ目】。
*体は細長く尾部に向かい狭くなる【電気ウナギ目】。
*発電機能を有し、周徊や採餌・交信・時には防御や攻撃に活用【電気ウナギ目】。
*鰓孔は小さい【電気ウナギ目】。
*背鰭を欠く(例外あり)【電気ウナギ目】。 *腹鰭を欠く【電気ウナギ目】。
*臀鰭基底が非常に長く、開始は喉元に迫る勢い【電気ウナギ目】。
*臀鰭のうねりはスムースなバックを可能にする【電気ウナギ目】。
*肛門は喉部に開く【電気ウナギ目】。
*尾鰭は存在しない・若しくは極小さい【電気ウナギ目】。
*卵生、一部は営巣・保護を行う【電気ウナギ目】。
*骨鰾上目内では最も新しく出現、モルミルス類(オステオグロッスム目)とは縁遠い【電気ウナギ目】。
*体色濃く透明性無し【電気ウナギ亜目】。
*酸欠に強い【電気ウナギ亜目】。
*尾鰭を欠く【電気ウナギ亜目】。
*卵・仔魚はオス個体に依る保護を受ける【電気ウナギ亜目】。
*体は側扁【ギムノトゥス科】。
*口は上位・下位が混在【ギムノトゥス科】。
*積もった枯葉に溶け込む保護色【ギムノトゥス科】。
*生息地が干上がっても生き抜く(鰾使用)【ギムノトゥス科】。
*鱗は小さく、背部の鱗を欠く【ギムノトゥス科】。
*鰾を用いて干上がった場所で生存可能【ギムノトゥス科】。
*臀鰭は尾端の直前で終了【ギムノトゥス科】。
*尾鰭を欠く【ギムノトゥス科】。
*オス個体は電気パルスで恋唄?【ギムノトゥス科】。
*オス個体は卵・稚魚を守る(営巣・口腔内孵化等)【ギムノトゥス科】。



Family GYMNOTIDAE RAFINESQUE 1815 ギムノトゥス科
Gymnotids (ギムノトゥス科魚種)
Naked-Back Knifefishes (ギムノトゥス科魚種)


Genus Gymnotus VON LINNÉ 1758 ギムノトゥス属
   ※+Genus Giton KAUP ex DUMÉRIL 1856 (Type species : Gymnotus fasciatus Pallas 1769)。
   ※+Genus Gymnonotus BLOCH & SCHNEIDER 1801 (Type species : Gymnotus carpio Bloch & Schneider 1801)。
   ※← [Ginnotini RAFINESQUE 1810]。
   ※← [Gymnotia RAFINESQUE 1815]。
 Gymnotus albus Zuiew 1789 non Pallas 1769
   ※無効名称。≠Gymnotus albus Pallas 1769。
   ※→Monopterus albus (Zuiew 1793) [Synbranchidae]?
 Gymnotus anguillaris
   ※22〜30℃。
 Gymnotus arapaimus
   ※pH6.3〜7.2。
 Gymnotus ardilai
   Gymnotus bahianus
 Gymnotus capanemus Milhomem, Crampton, Pieczarka, Shetka, Silva & Nagamachi 2012
 Gymnotus capitimaculatus Rangel-Pereira 2014
 Gymnotus carapo von Linné 1758
  Gymnotus carapo australis Craig, Crampton & Albert 2017
    ※ラプラタ水系。
  Gymnotus carapo caatingaensis Craig, Crampton & Albert 2017
    ※ピアウイ州パルナイバ水系。
  Gymnotus carapo carapo von Linné 1758
    syn.Carapus macrourus Cuvier 1870
      Gymnonotus carpio (Bloch & Schneider 1801)
      ? Gymnotus albus Pallas 1769 non Zuiew 1789
      Gymnotus brachiurus Bloch 1786
      Gymnotus carpio Bloch & Schneider 1801
      Gymnotus putaol de la Cépède 1800
      ? Sternopygus carapus Günther 1870
    ※"バンドナイフ"・"カラポ"。
    ※スリナム及び仏領ギアナ。
    ※口腔内孵化♂。pH6.0〜7.5・22〜28℃。
  Gymnotus carapo madeirensis Craig, Crampton & Albert 2017
    ※マデイラ水系上流。
  Gymnotus carapo occidentalis Craig, Crampton & Albert 2017
    ※アマゾン西部、ネグロ及びエセキボ水系。
  Gymnotus carapo orientalis Craig, Crampton & Albert 2017
    ※アマゾン東部、トカンチス及びトロンベタス水系。
  Gymnotus carapo septentrionalis Craig, Crampton & Albert 2017
    ※オリノコ水系、トリニダッド島。
 Gymnotus cataniapo
 Gymnotus chaviro
   ※25℃。
 Gymnotus chimarrao
 Gymnotus choco
 Gymnotus coatesi
 Gymnotus coropinae
 Gymnotus curupirus
 Gymnotus cylindricus
 Gymnotus diamantinensis
 Gymnotus esmeraldas
 Gymnotus fasciatus Pallas 1769
   syn.Carapus fasciatus (Pallas 1769)
     Giton fasciatus (Pallas 1769)
   ※→Gymnotus carapo von Linné 1758?
 Gymnotus henni
 Gymnotus inaequilabiatus
   syn.Carapus inaequilabiatus
 Gymnotus interruptus Rangel-Pereira 2012
 Gymnotus javari
 Gymnotus jonasi
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Gymnotus maculosus Albert & Miller 1995 "スポットナイフ(海外)"。
   ※22〜28℃。
 Gymnotus mamirauus
   ※pH6.9〜7.3。
 Gymnotus melanopleurus
 Gymnotus obscurus
 Gymnotus omarorus
 Gymnotus oncus
 Gymnotus panamensis
 Gymnotus pantanal
 Gymnotus pantherinus
   syn.Giton fasciatus pantherinus
 Gymnotus paraguensis
 Gymnotus pedanopterus
   ※22〜28℃。
 Gymnotus refugio Giora & Malabarba 2016
 Gymnotus stenoleucus
 Gymnotus sylvius
 Gymnotus tigre
 Gymnotus tiquie
 Gymnotus ucamarus
 Gymnotus varzeus


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
25〜28℃
適性pH
6.5〜7.0
混泳
混泳同種・同型=× 混泳異種・異型=×
inserted by FC2 system