Gasteropelecidae、おさかなマガジン 分類トップ

Gasteropelecidae.jpg(71500 byte)
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*旧世界・新世界【骨鰾系】。
*淡水棲、汽水域進入性【骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は完全【骨鰾系】。
*追星・若しくは性的2型(例外あり)【骨鰾系】。
*白亜紀〜現代【カラックス目】。
*旧世界(アフリカ・欧州)、新世界(中南米)【カラックス目】。
*淡水棲、汽水域侵入性、海水棲(絶滅種)【カラックス目】。
*体は側扁、紡錘形・円盤状・細長いものなど【カラックス目】。
*顎に歯(大きさ・形状は様々)がズラリと並ぶ(よって近縁は鯉ではなく鯰と電気鰻)【カラックス目】。
*ヒゲはない【カラックス目】。
*円鱗・櫛鱗、多くが金属光沢【カラックス目】。
*背鰭は1基【カラックス目】。
*脂鰭を有する(例外あり)【カラックス目】。
*尾鰭は戴形・湾入・2叉【カラックス目】。
*小型種には性的2型が多く見られる【カラックス目】。
*卵生、営巣・保護する魚種がある【カラックス目】。
*旧大陸(アフリカ)、欧州(絶滅)、新大陸(北米南部〜中南米)【カラックス亜目】。
*淡水棲、汽水域進入性、群泳【カラックス亜目】。
*体高の低いものから円盤状まで様々、側扁【カラックス亜目】。
*サイズも数センチからメートルクラスまで【カラックス亜目】。
*両顎に歯が並ぶ魚種から無歯の魚種まで【カラックス亜目】。
*無歯の魚種の腸管は長い【カラックス亜目】。
*幾つかの魚種は脂鰭を欠く【カラックス亜目】。
*尾鰭は2叉【カラックス亜目】。
*新大陸【ガステロペレクス科】。
*体は超側扁、腹部の突出具合はフグのよう【ガステロペレクス科】。
*口は上位【ガステロペレクス科】。
*胸鰭と臀鰭はよく発達、腹鰭は痕跡程度【ガステロペレクス科】。
*背鰭は後方に寄り、尾鰭は2叉する【ガステロペレクス科】。
*ジャンプ!但し方向は決められない【ガステロペレクス科】。



Family GASTEROPELECIDAE BLEEKER 1859 ガステロペレクス科
Freshwater Hatchet-Fishes (ガステロペレクス科魚種)
Gasteropelecids (ガステロペレクス科魚種)


Carnegiella strigata Genus Carnegiella EIGENMANN 1909 カルネギエルラ属
   ※← [Carnegiellidi FOWLER 1958]。
   ※脂鰭を欠く。
 Carnegiella marthae
   ※"マーサハチェット"・"ブラックウイングハチェット"。
   ※銀色の体に黒い縁取り、稀に小点が散る。
 Carnegiella myersi
   ※quot;ピグミーハチェット"・"グラスハチェット"。
   ※体は透明。
 Carnegiella schereri "ドワーフハチェット"。
 Carnegiella strigata (Günther 1864)
   syn.Carnegiella strigata fasciata (Garman 1890)
     Carnegiella strigata marowini Hoedeman 1952
     Carnegiella strigata surinamensis Hoedeman 1952
     Carnegiella strigata vesca Fraser-Brunner 1950
     Carnegiella vesca (Fraser-Brunner 1950)
     Gasteropelecus fasciatus Garman 1890
     Gasteropelecus strigatus Günther 1864
   ※"マーブルハチェット"。
   ※マーブル模様。
Genus Gasteropelecus GRONOW 1763 ex SCOPOLI 1777 ガステロペレクス属
   ※=Genus Gastropelecys AGASSIZ 1846。
   ※+Genus Pterodiscus EIGENMANN 1909 (Type species : Pterodiscus levis Eigenmann 1909)。
   ※≠Genus Pterodiscus PILSBRY 1893 [Achatinellidae, Gastropoda, Mollusca]。

Gasteropelecus levis    ※← [Gasteropelecini BLEEKER 1859]。
   ※脂鰭を有する。
 Gasteropelecus levis (Eigenmann 1909) "シルバーハチェット"。
   syn.Pterodiscus levis Eigenmann 1909
   ※上顎に歯がない。
 Gasteropelecus maculatus "スポッテドハチェット"。
   syn.Thoracocharax brevis
     Thoracocharax magdalenae
   ※上顎に歯がある。
 Gasteropelecus sterniclus (von Linné 1758) "リバーハチェット"。
Gasteropelecus sterniclus    syn.Clupea sternicla von Linné 1758
     Gasteropelecus argenteus Lacépède 1803
     Gasteropelecus coronatus Allen 1942
     Gasteropelecus sterniclus marowini Hoedeman 1952
     Gasteropelecus sterniclus morae Hoedeman 1952
     Salmo gasteropelecus Pallas 1770
   ※上顎に歯がある。
Genus Thoracocharax (FOWLER 1907) トラコカラックス属
   ※=Genus Gasteropelecus GRONOW 1763 ex SCOPOLI 1777 Sub-Genus Thoracocharax FOWLER 1907。
   ※← [Thoracocharacini WEITZMAN 1960]。
   ※脂鰭を有する。
   ※腹部の突出具合(傾斜)がガステロペレクス属よりも急。
Thoracocharax securis  Thoracocharax securis "ジャイアントハチェット"。
   syn.Gastropelecus pectorosus
 Thoracocharax stellatus (Kner 1858) "トラコカラックス"。
   syn.Gastropelecus stellatus Kner 1858



水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
25〜26℃
適性pH
6.5〜7.0
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system