Euphaneropidae、おさかなマガジン 分類トップ

*カンブリア紀〜現代【無顎上綱】。
*軟骨【無顎上綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、底棲【無顎上綱】。
*顎を欠く【無顎上綱】。
*対鰭を欠く(例外あり)【無顎上綱】。
*体外受精、産卵後に死亡する魚種あり【無顎上綱】。
*シルル紀〜デボン紀、全て絶滅【欠甲綱】。
*体高低くずんぐり体型・菱形〜鰻様【欠甲綱】。
*頭部は小さい【欠甲綱】。
*眼球は大きく側面に位置【欠甲綱】。
*背部に隆起・棘を伴う骨質板単列(例外あり)【欠甲綱】。
*体部の装甲なし、鱗の存在は多様(ビッチリから裸出まで)【欠甲綱】。
*鰓孔6〜30対がずらりと並ぶ【欠甲綱】。
*鰓孔の後ろに3放射棘【欠甲綱】。
*通常対鰭を欠く(例外あり)ため不安定、遊泳は出来ず底に逆立ち【欠甲綱】。
*尾鰭の下葉は強大(例外あり)【欠甲綱】。
*デボン紀【エウファネロプス目】。
*体の前半分はまんまヤツメウナギ、後半はごつい【エウファネロプス目】。
*口は小さく丸い【エウファネロプス目】。
*長大な鰓篭(Branchial Basket)【エウファネロプス目】。
*腹面に目立つ腹側鱗列(Ventro-Lateral Scales)【エウファネロプス目】。
*対鰭を欠く【エウファネロプス目】。
*扇状に独立した臀鰭【エウファネロプス目】。
*尾鰭下葉は欠刻甘く大きい【エウファネロプス目】。
*鰓孔数16〜30【エウファネロプス科】。



Family EUPHANEROPIDAE WOODWARD 1900 エウファネロプス科
Achanarras-Fishes (エウファネロプス科魚種)
Achanarrellids (エウファネロプス科魚種)
Agnathans (エウファネロプス科魚種)
Anaspids (エウファネロプス科魚種)
Euphaneropids (エウファネロプス科魚種)
Jamoytiiforms (エウファネロプス科魚種)
Jawless-Fishes (エウファネロプス科魚種)
Naked Anaspids (エウファネロプス科魚種)
No Shield Anaspida (エウファネロプス科魚種)


Genus Ciderius VAN DER BRUGGHEN 2015 キデリウス属 (絶滅)
 デボン紀後期(古生代)。スコットランドのミッドランド渓谷(Midland Valley)。

◆キデリウス・コオペリ (絶滅)
 Ciderius cooperi van der Brugghen 2015
 『Ciderius cooperi gen.nov., sp.nov., the Earliest Known Euphaneropid from the Lower Silurian of Scotland:Gambit van der Brugghen (2015)』。
 組織片に命名。



Genus Cornovichthys NEWMAN & TREWIN 2001 コルノウィクティス属 (絶滅)
 デボン紀中期(Eifelian)。スコットランド北部の(Achanarras)。眼球は頭頂すれすれに位置。鰓孔16、鰓孔列は傾斜。背鰭は確認出来ない。尾鰭に欠刻は殆ど入らず、鰭条が主張し鰭膜辺縁がギザギザ。臀鰭は大きな三角形。

◆コルノウィクティス・ブラアウウェニ (絶滅)
 Cornovichthys blaauweni Newman & Trewin 2001
 『A New Jawless Vertebrate from the Middle Devonian of Scotland:Michael J.Newman & Nigel H.Trewin (2001)』。
 発見者はJan den Blaauwen。



Genus Euphanerops WOODWARD 1900 エウファネロプス属 (絶滅)
 +Genus Legendrelepis ARSENAULT & JANVIER 1991 (Type species : Legendrelepis parenti Arsenault & Janvier 1991)。
 デボン紀後期(古生代)。カナダ。寸詰まり。吻端は尖り、口はその後方腹面に開く。

◆エウファネロプス・ロンガエウス (絶滅)
 Euphanerops longaevus Woodward 1900
   syn.Legendrelepis parenti Arsenault & Janvier 1991
 『On a New Ostracoderm Fish Euphanerops longaevus from the Upper Devonian of Scaumenac Bay, Quebec, Canada:Arthur Smith Woodward (1900)』。
 『The Anaspidlike Craniates of the Escuminac Formation, Upper Devonian from Miguasha, Quebec, Canada with Remarks on Anaspid-Petromyzontid Relationships:Marius Arsenault & Philippe Janvier (1991)』。
 鰓孔30。非対鰭(尾鰭・臀鰭)は存在するが、対鰭を欠く。基底長大ながら全く目立たない脂鰭のような背鰭の存在。Mayomyzontidaeより。→Endeiolepis aneri Stensiö 1939?当初ウッドワードの図版は天地が逆(現生魚の歪尾に習った)。従って臀鰭が背鰭に。

inserted by FC2 system