Esocidae、おさかなマガジン 分類トップ

カワカマス
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*ジュラ紀から現代【原棘鰭上目】。
*淡水から海水域【原棘鰭上目】。
*体高低く紡錘形〜棍棒状【原棘鰭上目】。
*顎に歯を備え(例外あり)、強い捕食性を有する傾向【原棘鰭上目】。
*上顎は不動(伸出不可)、口は大きく開く【原棘鰭上目】。
*舌歯を持つ【原棘鰭上目】。
*喉板を欠く【原棘鰭上目】。
*脊椎骨24以上【原棘鰭上目】。
*眼下蝶形骨の存在【原棘鰭上目】。
*中烏口骨の存在(例外あり)【原棘鰭上目】。
*背鰭は1基【原棘鰭上目】。
*腹鰭は体の後方に位置【原棘鰭上目】。
*腹部に稜鱗は存在しない(例外あり)【原棘鰭上目】。
*北半球、新大陸、北米【カワカマス目】。
*淡水棲、待ち伏せ【カワカマス目】。
*中烏口骨を欠く【カワカマス目】。
*大口【カワカマス目】。
*上顎の歯を欠く【カワカマス目】。
*幽門垂を欠く【カワカマス目】。
*円鱗【カワカマス目】。
*棘条を欠く【カワカマス目】。
*背鰭は1基、体の後方に着く【カワカマス目】。
*脂鰭を欠く【カワカマス目】。
*卵生【カワカマス目】。
*吻端は扁平カモノハシ様【カワカマス科】。
*脊椎骨43〜67【カワカマス科】。
*鰓条骨10〜20【カワカマス科】。
*鱗は円鱗で小さい【カワカマス科】。
*側線は完全【カワカマス科】。
*尾鰭は2叉【カワカマス科】。
*尾鰭軟条数40〜50、17本が分岐【カワカマス科】。
*卵生、卵は守らない【カワカマス科】。



Family ESOCIDAE RAFINESQUE 1815 カワカマス科
Esocids (カワカマス科魚種)
Pikes (カワカマス科魚種)


Genus Esox VON LINNÉ 1758 カワカマス属
   ※=Genus Esok ASCANIUS 1767。スペルミス。
   ※+Genus Esox VON LINNÉ 1758 Sub-Genus Mascalongus JORDAN 1878 (Type species : Esox nobilior Thompson 1850)。
   ※+Genus Luccius RAFINESQUE 1810 (Type species : Luccius vorax Rafinesque 1810)。
   ※=Genus Lucius DE GARSAULT 1764。
   ※=Genus Lucius GEOFFROY 1767。
   ※=Genus Lucius KLEIN 1776 ex WALBAUM 1792。
   ※=Genus Lucius RAFINESQUE 1810。
   ※+Genus Mascalongus (JORDAN 1878) (Type species : Esox nobilior Thompson 1850)。
   ※+Genus Picorellus RAFINESQUE 1820 (Type species : Esox vittatus Rafinesque 1818)。
   ※=Genus Trematina TRAUTSCHOLD 1884。
   ※← [Esocidi RAFINESQUE 1810]。
   ※← [Esoxidia RAFINESQUE 1815]。
   ※← [Lucioïdes MINDING 1832]。
   ※未判定外来生物指定(Esox luciusEsox masquinongyを除く)。
   ※種類名証明書添付生物指定。移入規制種指定(佐賀)。
 Sub-Genus Esox VON LINNÉ 1758 カワカマス亜属
  Esox aquitanicus Denys, Dettai, Persat, Hautecoeur & Keith 2014
  Esox cisalpinus Bianco & Delmastro 2011 "イタリアカワカマス"。
  Esox destructus Laube 1901 (絶滅)
  Esox flaviae Lucentini, Puletti, Ricciolini, Gigliarelli, Fontaneto, Lanfaloni, Bilò, Natali & Panara 2011
    ※→Esox cisalpinus Bianco & Delmastro 2011?
  Esox lepidotus Agassiz 1832 (絶滅)
カワカマス   Esox lucius von Linné 1758 カワカマス
    syn.Esox boreus Agassiz 1850
      Esox estor Lesueur 1818
      Esox lucioides Agassiz & Girard, 1850
      Esox lucius atrox Anikin 1902
      Esox lucius bergi Kaganowsky 1933
      Esox lucius lucius wiliunensis Kirillov 1962
      ? Esox lucius variegatus Fitzinger 1832
      Esox reichertii baicalensis Dybowski 1874
      Luccius vorax Rafinesque 1810
      Lucius lucius (von Linné 1758)
      Lucius vorax (Rafinesque 1810)
      Trematina foveolata Trautschold 1884
    ※汽水域進入性。特定外来生物指定。
    ※IUCN Least Concern ver.3.1
    ※背鰭・臀鰭に棘条。新旧両大陸に分布。
    ※イベリア半島とアイルランドは本来の分布域ではない。
    ※中国には分布。10〜28℃。
    ※アニサキス類似線虫類ラフィダスカリス Raphidascaris 属の寄生。
Esox masquinongy     ※"ノーザンパイク"・"ウォーターウルフ"。
  Esox masquinongy "シロカワカマス"・"マスキーパイク"。
    syn.? Esox estor
    ※特定外来生物指定。
    ※一般的な漣型(横帯分断)のほか、無紋型・小斑紋型がある。
    ※タイガーマスク(全混在型)=本種×カワカマス(自然交雑種)。
  Esox moldavicus Sytchevskaya 1974 (絶滅)
  Esox nobilior Thompson 1850 ※位置不明種。
    syn.Mascalongus nobilior (Thompson 1850)
  Esox nogaicus Kovalchuk, Wilson & Grande 2017 (絶滅)
  Esox otto Agassiz 1843 (絶滅)
  Esox papyraceus Troschel 1854 (絶滅)
Esox reichertii   Esox reichertii
    syn.Lucius reicherti
    ※"アムールカワカマス"・"ユーラシアパイク"。
    ※欧州には分布しない。
    ※全身に小黒班。
  Esox robustus Winkler 1861 (絶滅)
  Esox sibiricus Sytchevskaya 1974 (絶滅)
    syn.? Esox lucius Lebedev 1959
  Esox tiemani Wilson 1980 (絶滅)
 Sub-Genus Kenoza (JORDAN & EVERMANN 1896) ケノザ亜属
    ※=Genus Lucius DE GARSAULT 1764 Sub-Genus Kenoza JORDAN & EVERMANN 1896。
  Esox americanus Gmelin 1789
   Esox americanus americanus Gmelin 1789
     syn.Esox Kenoza americanus (Gmelin 1789)
     ※"アカヒレカワカマス"・"レッドフィンパイク"。
     ※横帯は分断されない。流れを嫌う。26℃。
     ※IUCN Least Concern ver.3.1
Esox americanus americanus    Esox americanus vermiculatus Lesueur 1846
     ※"クサカワカマス"・"グラスパイク"。
     ※亜種の学名と通称が紛らわしいので注意。
  Esox aralensis (Pinev 1985) (絶滅)
    syn.Esox lucius aralensis Pinev 1985 (絶滅)
  Esox kronneri Grande 1999 (絶滅)
  Esox niger "クサリカワカマス"・"チェーンパイク"。
    ※10〜20℃。
  Esox vittatus Rafinesque 1818 ※位置不明種。
    syn.Picorellus vittatus (Rafinesque 1818)
 Sub-Genus uncertain
  Esox waltschanus von Meyer 1848 (絶滅)
Genus Estesesox WILSON, BRINKMAN & NEUMAN 1992 エステセソックス属 (絶滅)
 Estesesox foxi Wilson, Brinkman & Neuman 1992 (絶滅)
Genus Oldmanesox WILSON, BRINKMAN & NEUMAN 1992 オルドマネソックス属 (絶滅)
 Oldmanesox canadensis Wilson, Brinkman & Neuman 1992 (絶滅)


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
(10〜)12〜15℃
適性pH
7.0
混泳
混泳同種・同型=×〜△ 混泳異種・異型=×〜△
備考
特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律
該当魚種あり

inserted by FC2 system