Ephippidae、おさかなマガジン 分類トップ
ツバメウオ
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*旧世界〜新世界【スズキ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【スズキ目】。
*体は側偏するものが多い【スズキ目】。
*上顎は前上顎骨で縁取り【スズキ目】。
*鰾に気道無し【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*体は著しく側扁、体高がある【ハギ亜目】。
*口は歯を備えるが小さく、通常伸出出来ない【ハギ亜目】。
*護身用の兵器を有する魚種も多い【ハギ亜目】。
*藻食性が強い【ハギ亜目】。
*成長過程で著しい変化【ハギ亜目】。
*世界中【マンジュウダイ科】。
*海水棲、汽水域進入性【マンジュウダイ科】。
*体は強く側扁・体長=体高、幼魚期に体高が全長を大きく上回る魚種もある【マンジュウダイ科】。
*吻端は余り突き出さない【マンジュウダイ科】。
*口は小さい【マンジュウダイ科】。
*幼魚は海藻や無脊椎動物に擬態【マンジュウダイ科】。
*鋤骨歯・口蓋歯を欠く【マンジュウダイ科】。
*背鰭は1基、様々な形状を示す【マンジュウダイ科】。
*背鰭棘条5〜10+軟条14〜39【マンジュウダイ科】。
*臀鰭棘条3+13〜29【マンジュウダイ科】。
*尾鰭は二重湾入、截形【マンジュウダイ科】。
*卵生【マンジュウダイ科】。



Family EPHIPPIDAE BLEEKER 1859 マンジュウダイ科
Bat-Fishes (ツバメウオ類)
Ephippids (マンジュウダイ科魚種)
Orb-Fish (Ephippus orbis)
Scats (リノプレネス属魚種)
Spade-Fishes (マンジュウダイ類)


Genus Archaephippus BLOT 1969 アルカエフィップス属 (絶滅)
 Archaephippus asper (Volta 1796) (絶滅)
   syn.Chaetodon asper Volta 1796
Genus Chaetodipterus LACÉPÈDE 1802 シロガネツバメウオ属
   ※+Genus Parephippus GILL 1861 (Type species : Ephippus gigas Cuvier 1829)。
   ※← [Chaetodipteriformes BLEEKER 1876]。
 Chaetodipterus faber (Broussonet 1782) シロガネツバメウオ
   syn.Chaetodipterus plumieri (Bloch 1787)
     Chaetodon faber Broussonet 1782
     Chaetodon plumieri Bloch 1787
       ※模式種、但し先に記載された Chaetodon faber Broussonet 1782 に統合。
シロガネツバメウオ      Ephippus gigas Cuvier 1829
     Parephippus gigas (Cuvier 1829)
   ※汽水域進入性。シガテラ毒記録。
 Chaetodipterus lippei "アフリカ西部ツバメウオ"。
   ※汽水域進入性。
 Chaetodipterus zonatus "太平洋ツバメウオ" IUCN Least Concern ver.3.1
Genus Eoluvarus SAHNI & CHOUDHARY 1977 エオルウァルス属 (絶滅)
 Eoluvarus bondei Sahni & Choudhary 1977 (絶滅)
Genus Eoplatax BLOT 1969 エオプラタックス属 (絶滅)
 Eoplatax papilio (Volta 1796) (絶滅)
   syn.Chaetodon papilio Volta 1796
Genus Ephippites VON AMMON 1901 エフィッピテス属 (絶滅)
 Ephippites peissenbergensis von Ammon 1901 (絶滅)
Genus Ephippus CUVIER 1816 マンジュウダイ属
Ephippus goreensis    ※=Genus Ilarches CANTOR 1849。不要な置き換え。
   ※← [Ephippiformes BLEEKER 1859]。
   ※← [Family Ilarchidae JORDAN & EVERMANN 1902]。
 Ephippus goreensis "大西洋東部(=アフリカ)マンジュウダイ"。
   ※背鰭棘の鰭膜は殆ど消滅、背鰭は2基に近い。汽水域進入性。
 Ephippus orbis (Bloch 1787) マンジュウダイ
   syn.Chaetodon orbis Bloch 1787
     Ilarches orbis (Bloch 1787)
Genus Laparon CASIER 1966 ラパロン属 (絶滅)
 Laparon alticeps Casier 1966 (絶滅)
Genus Paraplatax BOGATCHEV 1938 パラプラタックス属 (絶滅)
 Paraplatax absyrtus Bogatshov 1938 (絶滅)
Genus Parapsettus STEINDACHNER 1876 パラプセットゥス属
   ※=Genus Psettus COMMERSON 1801 ex CUVIER 1829 Sub-Genus Parapsettus STEINDACHNER 1876。
 Parapsettus panamensis (Steindachner 1876)
   syn.Psettus panamensis Steindachner 1876 ※=Psettus (Parapsettus) panamensis Steindachner 1876。
   ※"パナマツバメウオ"。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
Genus Platax CUVIER 1816 ツバメウオ属
   ※← [Platacini BONAPARTE 1850]。
 Platax batavianus "ラクダツバメウオ"。
 Platax boersii ミカヅキツバメウオ
ナンヨウツバメウオ  Platax orbicularis ナンヨウツバメウオ
   syn.Chaetodon vespertilio
     Platax blochii
     Platax ehrenbergii
     Platax guttulatus
   ※汽水域進入性。
 Platax pinnatus アカククリ
 Platax teirus (Forsskål 1775) ツバメウオ
   syn.Chaetodon teirus Bloch & Schneider 1801 non Forsskål 1775
       ※模式種、但し先に記載された Chaetodon teirus Forsskål 1775 に統合。
     Chaetodon teirus Forsskål 1775 non Bloch & Schneider 1801
   ※西表石垣国立公園海中公園地区における指定動植物種。
Genus Proteracanthus GÜNTHER 1859 プロテラカントゥス属
アカククリ (ad.)    ※← [Proteracanthiformes BLEEKER 1876]。
   ※体高は低め、尾鰭は截形。
 Proteracanthus sarissophorus (Cantor 1849)
   syn.Crenidens sarissophorus Cantor 1849
   ※汽水域進入性。
Genus Rhinoprenes MUNRO 1964 リノプレネス属 "ツノダシマンジュウダイ"。
   ※← [Family Rhinoprenidae MUNRO 1964]。
 Rhinoprenes pentanemus Munro 1964 "スレッドフィンスキャット"。
   ※汽水域進入性。
Genus Tripterodon PLAYFAIR 1867 トリプテロドン属
   ※← [Sub-Family Tripterodoninae FOWLER 1933]。
 Tripterodon orbis Playfair 1867 "アフリカマンジュウダイ"。
Genus Whitephippus CASIER 1966 ウィテフィップス属 (絶滅)
ツバメウオ  Whitephippus tamesis Casier 1966 (絶滅)
Genus Zabidius WHITLEY 1930 ザビディウス属
 Zabidius novemaculeatus (McCulloch 1916) "ココノツトゲツバメウオ"。
   syn.Platax novemaculeatus McCulloch 1916


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
アカククリ (yg.)
inserted by FC2 system