Eonotidanidae, HEXANCHIFORMES、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*多くが遊泳性に乏しく、底を這う(以前はエイも所属、鰓孔の位置で分離)【ツノザメ上目】。
*世界中【ツノザメ上目】。
*淡水棲、海水棲、底棲、砂潜り、深海棲【ツノザメ上目】。
*発光器を持つ魚種あり【ツノザメ上目】。
*瞬膜を欠く【ツノザメ上目】。
*鰓孔は5〜7、上方から目視可能【ツノザメ上目】。
*噴水孔が発達【ツノザメ上目】。
*背鰭は1〜2基、強い棘条が備わる(例外あり)【ツノザメ上目】。
*海水棲、深海棲【カグラザメ目】。
*背鰭は1基、臀鰭を有する【カグラザメ目】。
*鰓孔は6〜7【カグラザメ目】。
*噴水孔を有する【カグラザメ目】。
*瞬膜を欠く【カグラザメ目】。
*鰓孔は6〜7【カグラザメ科】。
*背鰭の基底は腹鰭よりも後方【カグラザメ科】。
*一般的なサメ体型【カグラザメ亜目】。
*背鰭基底は長くならない(普通のサメのもの)【カグラザメ亜目】。



Family EONOTIDANIDAE PFEIL 1983 エオノティダヌス科
Eonotidanids (エオノティダヌス科)


Genus Eonotidanus PFEIL 1983 エオノティダヌス属 (絶滅)
 Eonotidanus arzoensis (de Beaumont 1960) (絶滅)
   syn.Hexanchus arzoensis (de Beaumont 1960)
     Notidanoides arzoeensis de Beaumont 1960
 Eonotidanus contrarius (von Münster 1843) (絶滅)
   syn.Paranotidanus contrarius (von Münster 1843)
     Notidanus contrarius von Münster 1843
 Eonotidanus munsteri (Agassiz 1843) (絶滅)
   syn.? Edaphodon munsteri (Agassiz 1843)
     Paranotidanus munsteri (Agassiz 1843)
     Notidanoides muensteri (Agassiz 1843)
     Notidanus daviesi Woodward 1886
     Notidanus eximius Wagner 1861
     Notidanus muensteri Agassiz 1843
     Notorynchus munsteri (Agassiz 1843)
 Eonotidanus nikitini (Chabakov & Zonov 1935) (絶滅)
   syn.Notidanus nikitini Chabakov & Zonov 1935
inserted by FC2 system