Dipnorhynchidae, CHOANATA、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*出現はシルル紀、海棲【肉鰭亜綱】。
*骨格は軟骨中心【肉鰭亜綱】。
*エナメル歯【肉鰭亜綱】。
*鰭の基部に鱗を伴う肉質突起【肉鰭亜綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【肉鰭上目】。
*ガス交換可能な肺を持つ【肉鰭上目】。
*鰭は肉質で支持骨で連結【肉鰭上目】。
*体高低く体は延長【ディプノリンクス科】。
*頭部は大きくやや扁平【ディプノリンクス科】。
*背鰭は2基、小さな三角形【ディプノリンクス科】。
*背鰭は体の後方に付く【ディプノリンクス科】。
*腹鰭と臀鰭は尾鰭の近くに纏まる【ディプノリンクス科】。



Family DIPNORHYNCHIDAE BERG 1940 ディプノリンクス科
Dipnoans (肺魚類)
Dipnorhynchids (ディプノリンクス科)
Lung-Fishes (肺魚類)


Genus Cathlorhynchus CAMPBELL, BARWICK & SENDEN 2009 カトロリンクス属 (絶滅)
 Cathlorhynchus trismodipterus Campbell, Barwick & Senden 2009 (絶滅)
 Cathlorhynchus zengi Qiao & Zhu 2015 (絶滅)
Genus Dipnorhynchus JAEKEL 1927 ディプノリンクス属 (絶滅)
   ※ポニョ。
 Dipnorhynchus cathlesae Campbell & Barwick 1999 (絶滅)
 Dipnorhynchus kiandrensis Campbell & Barwick 1982 (絶滅)
 Dipnorhynchus kurikae Campbell & Barwick 2000 (絶滅)
 Dipnorhynchus sussmilchi (Etheridge 1906) (絶滅)
   syn.Ganorhynchus sussmilchi Etheridge 1906
Genus Dipnotuberculus CAMPBELL, BARWICK, CHATTERTON & SMITHSON 2002 ディプノトゥベルクルス属 (絶滅)
 Dipnotuberculus bagirovi Krupina & Prisyazhnaya 2014 (絶滅)
 Dipnotuberculus gnathodus Campbell, Barwick, Chatterton & Smithson 2002 (絶滅)
Genus Erikia CHANG & WANG 1995 エリキア属 (絶滅)
 Erikia jarviki Chang & Wang 1995 (絶滅)
Genus Ganorhynchus TRAQUAIR 1873 ガノリンクス属 (絶滅)
 Ganorhynchus beecheri Newberry 1889 (絶滅)
 Ganorhynchus caucasius krupina 1979 (絶滅)
 Ganorhynchus oblongus Cope 1892 (絶滅)
 Ganorhynchus rigauxi Dutertre 1929 (絶滅)
 Ganorhynchus splendens Groß 1937 (絶滅)
 Ganorhynchus woodwardi Traquair 1873 (絶滅)
inserted by FC2 system