Derichthyidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*葉状幼生期(leptocephalus stage)【カライワシ下区】。
*淡水棲、汽水域侵入性、海水棲【ウナギ目】。
*胴体は細長くいわゆるウナギ型【ウナギ目】。
*鰓孔は小さい【ウナギ目】。
*背鰭と尾鰭・臀鰭は連続する。腹鰭を欠く【ウナギ目】。
*血清毒 ichthyohemotoxinを有する(加熱で分解)【ウナギ目】。
*卵生、レプトケファルス幼生期(円尾)【ウナギ目】。
*胴体は細長くいわゆるウナギ型【ウナギ目】。
*鰓孔は小さい【ウナギ目】。
*背鰭と尾鰭・臀鰭は連続する。腹鰭を欠く【ウナギ目】。
*血清毒 ichthyohemotoxinを有する(加熱で分解)【ウナギ目】。
*卵生、レプトケファルス幼生期(円尾)【ウナギ目】。
*鱗を欠く【アナゴ亜目】。
*胸鰭を持つ【アナゴ亜目】。
*海水棲、底棲、砂潜り【クビナガアナゴ科】。
*頭部に特有の(電気系?)感覚器官(頭部感覚孔)【クビナガアナゴ科】。
*背鰭基底は胸鰭の後方から【クビナガアナゴ科】。
*胸鰭あり【クビナガアナゴ科】。
*肛門は体の後方【クビナガアナゴ科】。



Family DERICHTHYIDAE GILL 1884 クビナガアナゴ科
Derichthyids (クビナガアナゴ科)
Long-Necked Eels (クビナガアナゴ類)


Genus Derichthys GILL 1884 クビナガアナゴ属
   ※+Genus Grammatocephalus NORMAN 1930 (Type species : Grammatocephalus kempi Norman 1930)。
   ※吻端は丸い。深海棲。
 Derichthys serpentinus Gill 1884 クビナガアナゴ
   syn.Derichthys iselini Borodin 1929
     Derichthys kempi (Norman 1930)
     Derichtys serpentinus (Gill 1884) ※スペルミス。
     Grammatocephalus kempi Norman 1930
     Leptocephalus anguilloides Schmidt 1916
Genus Nessorhamphus SCHMIDT 1931 ヘラアナゴ属
   ※← [Family Nessorhamphidae SCHMIDT 1931]。
   ※吻端は著しく尖る。深海棲。
 Nessorhamphus danae カイゾクヘラアナゴ
 Nessorhamphus ingolfianus (Schmidt 1912) ヘラアナゴ
   syn.Avocettina scapularostris Borodin 1929
     Leptocephalus ingolfianus Schmidt 1912


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
適性pH
8.0〜8.2
混泳
混泳同種・同型=△ 混泳異種・異型=△
inserted by FC2 system