Debeeriidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*体は側扁、若しくは紡錘形【全頭亜綱】。
*背鰭1〜2基【全頭亜綱】。
*尾鰭の形状は様々、現生種では尾部は細まりしばしば糸状【全頭亜綱】。
*櫛鱗は側線部のみに分布(例外あり)【全頭亜綱】。
*鰓弓は5対、鰓孔は1対【ギンザメ系】。
*通常板状歯【ギンザメ系】。
*体高低く体は延長する【デベエリウス科】。
*背鰭は2基【デベエリウス科】。
*腹鰭は体の中央に位置【デベエリウス科】。
*30cm【デベエリウス属】。
*頭部は三角形で大きめ【デベエリウス属】。
*第1背鰭は基底短く三角形、棘で帆のように立つ【デベエリウス属】。
*第2背鰭の基底は長大、但し丈はない【デベエリウス属】。
*尾鰭・臀鰭は独立する【デベエリウス属】。
*数cm【ヘテロペタルス属】。
*頭部は丸く体高と変わらない【ヘテロペタルス属】。
*第1背鰭の基底は長く、棘はその前方に短く付く【ヘテロペタルス属】。
*第2背鰭の基底は長大、第1背鰭と連続性、尾鰭・臀鰭と連結する【ヘテロペタルス属】。



Family DEBEERIIDAE GROGAN & LUND 2000 デベエリウス科
Debeeriids (デベエリウス科魚種)


Genus Debeerius GROGAN & LUND 2000 デベエリウス属 (絶滅)

◆デベエリウス・エルレフセニ (絶滅)
 Debeerius ellefseni Grogan & Lund 2000
 『Debeerius ellefseni fam.nov., gen.nov., spec.nov., an Autodiastylic Chondrichthyan from the Mississippian Bear Gulch Limestone of Montana, USA, the Relationships of the Chondrichthyes, and Comments on Gnathostome Evolution:E.D.Grogan & R.Lund (2000)』。



Genus Gondwanodus DAYMOND 1999 ゴンドワノドゥス属 (絶滅)

◆ゴンドワノドゥス・イルウィネンシス (絶滅)
 Gondwanodus irwinensis Daymond 1999
 『Gondwanodus irwinensis gen. et sp.nov., a New Elasmobranch from the Early Permian, Late Sakmarian Fossil Cliff Member of the Holmwood Shale, Perth Basin, Western Australia:Stephen M.Daymond (1999)』。



Genus Heteropetalus LUND 1977 ヘテロペタルス属 (絶滅)

◆ヘテロペタルス・エレガントゥルス (絶滅)
 Heteropetalus elegantulus Lund 1977
 『A New Petalodont [Chondrichthyes, Bradyodonti] from the Upper Mississippian of Montana:Richard Lund (1977)』。

inserted by FC2 system