Cynodontidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*旧世界・新世界【骨鰾系】。
*淡水棲、汽水域進入性【骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は完全【骨鰾系】。
*追星・若しくは性的2型(例外あり)【骨鰾系】。
*白亜紀〜現代【カラックス目】。
*旧世界(アフリカ・欧州)、新世界(中南米)【カラックス目】。
*淡水棲、汽水域侵入性、海水棲(絶滅種)【カラックス目】。
*体は側扁、紡錘形・円盤状・細長いものなど【カラックス目】。
*顎に歯(大きさ・形状は様々)がズラリと並ぶ(よって近縁は鯉ではなく鯰と電気鰻)【カラックス目】。
*ヒゲはない【カラックス目】。
*円鱗・櫛鱗、多くが金属光沢【カラックス目】。
*背鰭は1基【カラックス目】。
*脂鰭を有する(例外あり)【カラックス目】。
*尾鰭は戴形・湾入・2叉【カラックス目】。
*小型種には性的2型が多く見られる【カラックス目】。
*卵生、営巣・保護する魚種がある【カラックス目】。
*新大陸、淡水棲【キノドン上科】。
*体高低く魚雷型【キノドン上科】。
*背鰭の位置にかかわらず、脂鰭は常に尾柄付近【キノドン上科】。
*体高低く、極度に側扁したパイク様【キノドン科】。
*口は大きく強い斜位、犬歯様牙を持つ(格納庫を持つ魚種もある)【キノドン科】。
*淡水棲、汽水域進入性【キノドン科】。
*鱗は細かく剥がれ易い【キノドン科】。
*背鰭は中央付近から著しく後方によるものまで【キノドン科】。
*胸鰭は大きい【キノドン科】。
*脂鰭と腹鰭は申し訳程度、臀鰭基底は長い(背鰭の基底開始部分から)【キノドン科】。
*体に不釣合な小ささの尾鰭、戴形・2叉【キノドン科】。



Family CYNODONTIDAE EIGENMANN 1903 キノドン科
Cynodontids (キノドン科魚種)
Dogtooth-Characins (キノドン科魚種)


Genus Cynodon SPIX & AGASSIZ 1829 キノドン属
   ※≠Genus Camposichthys FIGUEIREDO & SILVA-SANTOS 1991 [Pycnodontidae]。
   ※=Genus Camposichthys TRAVASSOS 1946。
   ※≠Genus Camposichthys WHITLEY 1953 [Curimatidae]。
   ※≠Genus Cynodon CUVIER 1829 [Genus Hydrolycus]。
   ※← [Sub-Family Cynodontinae EIGENMANN 1903]。
   ※尾鰭は2叉、背鰭は中央付近。
 Cynodon gibbus Spix & Agassiz 1829
   syn.Camposichthys gibbus (Spix & Agassiz 1829)
     Rhaphiodon gibbus (Spix & Agassiz 1829)
   ※汽水域進入性。
 Cynodon meionactis
 Cynodon septenarius
Genus Hydrolycus MÜLLER & TROSCHEL 1844 ヒドロリクス属
   ※=Genus Cynodon CUVIER 1829。
   ※≠Genus Cynodon SPIX & AGASSIZ 1829 [Genus Cynodon]。
   ※← [Hydrolicidi FOWLER 1958]。=Hydrolycidi。
   ※尾鰭は截形、背鰭は後方に寄る。
 Hydrolycus armatus
   syn.Hydrocyon armatus
   ※臀鰭条数43〜・尾鰭透明・胸鰭黒。
 Hydrolycus scomberoides (Cuvier 1819) "ペーシュカショーロ"。
   syn.Cynodon pectoralis Günther 1866
     Hydrocynus scomberoides (Cuvier 1819)
     Hydrocynus scomberoides Cuvier 1819
     Hydrocyon scomberoides (Cuvier 1819)
     Hydrolycus pectoralis (Günther 1866)
   ※臀鰭条数〜40・尾鰭黒・胸鰭透明。24〜28℃。
 Hydrolycus tatauaius
 Hydrolycus wallacei
Genus Rhaphiodon SPIX & AGASSIZ 1829 ラフィオドン属
   ※+Genus Hydropardus REINHARDT 1851 (Type species : Hydropardus rapax Reinhardt 1851)。
   ※=Genus Rhaphiodonichthys CAMPOS 1945。
   ※← [Sub-Family Rhaphiodontinae TRAVASSOS 1946]。
   ※尾鰭は截形、背鰭は後方に寄る。
 Rhaphiodon vulpinus Spix & Agassiz 1829 "ドラードカショーロ"。
   syn.Hydropardus rapax Reinhardt 1851
     Rhaphiodontichthys vulpinus (Spix & Agassiz 1829)
     ? Salmo tamuco Kner 1860


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
24〜26℃
適性pH
6.5〜7.0
混泳
混泳同種・同型=×〜△ 混泳異種・異型=×〜△
inserted by FC2 system