Citharidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*世界中、淡水〜汽水〜海水域、底棲、砂潜り【カレイ目】。
*左右不対象で眼球が左右何れかに纏まる(発生初期除く)【カレイ目】。
*眼球突出の魚種は砂潜り、突出しない魚種は保護色発揮の傾向【カレイ目】。
*体勢は眼球を欠く何れの側かを地面に倒す【カレイ目】。
*超側扁・体高は著しく高いが、活動状態を横から見れば超扁平【カレイ目】。
*背鰭と臀鰭が辺縁を飾り、通常無棘・その基底は長大【カレイ目】。
*背鰭と臀鰭は体を支えたり、鰭条を使用して前進することが可能【カレイ目】。
*背鰭は1基【カレイ目】。
*胸鰭は裏面に取り残され、通常表面より鰭条数が少ない【カレイ目】。
*卵生【カレイ目】。
*標本=背鰭を↑>頭部を左【カレイ目】。
*吻端は尖る【カレイ亜目】。
*口は大きい【カレイ亜目】。
*前鰓蓋骨の辺縁は明瞭【カレイ亜目】。
*非対鰭に棘条はない【カレイ亜目】。
*遊泳も頻繁、捕食性が強い【カレイ亜目】。
*世界中【コケビラメ科】。
*海水棲【コケビラメ科】。
*左右の鰓膜は融合しない【コケビラメ科】。
*側線は両面【コケビラメ科】。
*肛門は表面に開口【コケビラメ科】。
*背鰭棘条0+軟条64〜77、分枝が見られる【コケビラメ科】。
*胸鰭は裏面が発達【コケビラメ科】。
*腹鰭棘条1+軟条5、裏面も同様【コケビラメ科】。
*臀鰭棘条0+軟条41〜50、分枝が見られる【コケビラメ科】。
*尾鰭は扇状、中央15条が分枝【コケビラメ科】。
*眼球は右側に纏まる【ブラキプレウラ亜科】。
*眼球は左側に纏まる【コケビラメ亜科】。



Family CITHARIDAE DE BUEN 1935 コケビラメ科
Citharids (コケビラメ科魚種)
Fflounders (コケビラメ科魚種)


Sub-Family Brachypleurinae CHABANAUD 1937 ブラキプレウラ亜科
  Genus Brachypleura GÜNTHER 1862 ブラキプレウラ属
     ※+Genus Laiopteryx WEBER 1913 (Type species : Brachypleura xanthosticta Alcock 1889)。
     ※+Genus Liopteryx JORDAN 1920 (Type species : Brachypleura xanthosticta Alcock 1889)。スペルミス。
   Brachypleura novaezeelandiae (Günther 1862) "イエローダブルフラウンダー"。
     syn.Brachypleura novae-zeelandiae Günther 1862
       Brachypleura xanthosticta Alcock 1889
       Laiopteryx xanthosticta (Alcock 1889)
       Liopteryx xanthosticta (Alcock 1889)
     ※IUCN Least Concern ver.3.1
   Brachypleura xenosulcis Schwarzhans 1999 (絶滅)
  Genus Lepidoblepharon WEBER 1913 ウロコガレイ属
   Lepidoblepharon ophthalmolepis Weber 1913 ウロコガレイ
Sub-Family Citharinae DE BUEN 1935 コケビラメ亜科
  Genus Citharoides HUBBS 1915 コケビラメ属
     ※+Genus Brachypleurops FOWLER 1934 (Type species : Brachypleurops axillaris Fowler 1934)。
     ※≠Genus Citharus ARTEDI ex ROSE 1793。
     ※=Genus Citharus BLEEKER 1862。
     ※≠Genus Citharus REINHARDT 1837 [Pleuronectidae]。
     ※=Genus Eucitharus GILL 1889。不要な置き換え。
     ※+Genus Paracitharus REGAN 1920 (Type species : Arnoglossus macrolepis Gilchrist 1904)。
     ※← [Family Eucitharidae SPRINGER 1982]。
   Citharoides macrolepidotus Hubbs 1915 コケビラメ
     syn.Brachypleurops axillaris Fowler 1934
       Citharoides axillaris (Fowler 1934)
       Citharus macrolepidotus (Hubbs 1915)
   Citharoides macrolepis (Gilchrist 1904) "ツースポットラージスケールフラウンダー"。
     syn.Arnoglossus macrolepis Gilchrist 1904
       Paracitharus macrolepis (Gilchrist 1904)
   Citharoides orbitalis
  Genus Citharus ARTEDI ex ROSE 1793 キタルス属
     ※=Genus Chopinopsetta WHITLEY 1931。不要な置き換え。
     ※≠Genus Citharus BLEEKER 1862。
     ※≠Genus Citharus REINHARDT 1837 [Pleuronectidae]。
     ※=Genus Eucitharus GILL 1889。
   Citharus linguatulus (von Linné 1758) "スポットフラウンダー"。
     syn.Citharus macrolepidotus (Bloch 1787)
       Chopinopsetta linguatula (von Linné 1758)
       Eucitharus macrolepidotus (Bloch 1787)
       Pleuronectes citharus Spinola 1807
       Pleuronectes linguatulus von Linné 1758
       Pleuronectes macrolepidotus Bloch 1787
       ? Pleuronectes patarachius Nardo 1847
   Citharus miocenicus (Weiler 1942) (絶滅)
     syn.Citharus balearicus (Bauza-Rullán 1955)
       Eucitharus balearicus Bauza-Rullán 1955
       Eucitharus miocenicus Weiler 1942
   Citharus schuberti (Bassoli 1906) (絶滅)
     syn.Otolithus (Genus Citharis) schuberti Bassoli 1906
Sub-Family uncertain
  Genus Citharidarum キタリダルム属 (絶滅)
   Citharidarum hoffmani Nolf & Stringer 2003 (絶滅)
  Genus Rhombocitharus SCHWARZHANS 1944 ロムボキタルス属 (絶滅)
   Rhombocitharus novaezeelandiae Schwarzhans 1994 (絶滅)
   Rhombocitharus rhenanus (Koken 1891) (絶滅)
     syn.Bothidarum weileri Schwarzhans 1974 non Gaemers 1972
       Citharus belgicus (Gaemers 1972) (絶滅)
       Eucitharus belgicus Gaemers 1972
       Otolithus (Genus Rhombus) rhenanus Koken 1891
       Rhombus rhenanus (Koken 1891)
       Sebastes weileri Gaemers 1972 non Schwarzhans 1974
       Solea guestfalic Koken 1891
   Rhombocitharus rhomboides (Schwarzhans 1973) (絶滅)
     syn.Bothidarum rhomboides Schwarzhans 1973


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
23〜25℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system