Chlorophthalmidae、おさかなマガジン 分類トップ


*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*世界中【円鱗上目】。
*海水棲、汽水域進入性、深海棲、遊泳性、底棲【円鱗上目】。
*体は細長い(パイプ状)【円鱗上目】。
*円鱗(ごく一部例外あり)【円鱗上目】。
*発光器を欠く(例外あり)【円鱗上目】。
*頭部は大きい【円鱗上目】。
*眼球は吻端に寄る傾向(例外あり)【円鱗上目】。
*上顎は前上顎骨のみで縁取り、伸出不可【円鱗上目】。
*口は大きく斜位傾向、眼球の後方まで裂ける【円鱗上目】。
*顎に牙がズラリ【円鱗上目】。
*真の棘条を欠く【円鱗上目】。
*背鰭は体の中央に位置(例外あり)、基底長は様々【円鱗上目】。
*脂鰭を有する【円鱗上目】。
*腹鰭は体の中央・若しくは前方に位置【円鱗上目】。
*腹鰭軟条数8〜12【円鱗上目】。
*尾鰭は2叉【円鱗上目】。
*世界中【ヒメ目】。
*海水棲、汽水域進入性【ヒメ目】。
*一部眼球が管状【ヒメ目】。
*発光器を欠く(例外あり)【ヒメ目】。
*鰓弓の特殊化有り【ヒメ目】。
*第2咽鰓骨の著しい延長(後側面方向)【ヒメ目】。
*鰾は痕跡程度・若しくはこれを欠く【ヒメ目】。
*一部雌雄同体【ヒメ目】。
*卵生、卵は守らない【ヒメ目】。
*幼魚は鰭が目立つ【ヒメ目】。
*遊泳性【アオメエソ亜目】。
*体高低い槍穂状【アオメエソ亜目】。
*頭部はやや大きめ【アオメエソ亜目】。
*吻端は尖る【アオメエソ亜目】。
*眼球は大きく一般的(例外あり)【アオメエソ亜目】。
*各鰭は(同目としては)大きめ【アオメエソ亜目】。
*一部発光器を有する【アオメエソ亜目】。
*世界中【アオメエソ科】。
*海水棲、汽水域進入性、深海棲【アオメエソ科】。
*脊椎骨数38〜50【アオメエソ科】。
*上顎骨は単一で延長【アオメエソ科】。
*眼球は大きい(深い緑色に輝く)【アオメエソ科】。
*幽門垂を持つ【アオメエソ科】。
*偽鰓+【アオメエソ科】。
*鰓条骨数8【アオメエソ科】。
*肛門の周囲に発光器【アオメエソ科】。
*背鰭は体の前方に位置【アオメエソ科】。
*背鰭軟条数9〜13【アオメエソ科】。
*脂鰭は尾鰭に接近【アオメエソ科】。
*胸鰭軟条数15〜19【アオメエソ科】。
*腹鰭は背鰭に対在【アオメエソ科】。
*臀鰭軟条数7〜11【アオメエソ科】。
*雌雄同体【アオメエソ科】。



Family CHLOROPHTHALMIDAE GARMAN 1899 アオメエソ科
Chlorophthalmids (アオメエソ科魚種)
Lizard Green-Eyes (アオメエソ類)


Genus Chlorophthalmidarum クロロフタルミダルム属 (絶滅) ※Otoliths=耳石。
 Chlorophthalmidarum manei Nolf 2004 (絶滅)
 Chlorophthalmidarum pseudopercum Nolf & Dockery 1990 (絶滅)
Genus Chlorophthalmus BONAPARTE 1840 アオメエソ属
   ※+Genus Hyphalonedrus GOODE 1881 (Type species : Hyphalonedrus chalybeius Goode 1881)。
   ※+Genus Pelopsia FACCIOLÀ 1883 (Type species : Pelopsia candida Facciolà 1883)。
   ※← [Family Pelopsidae FACCIOLÀ 1883]。
 Chlorophthalmus acutifrons トガリアオメエソトモメヒカリ
   ※発光器(+)。
 Chlorophthalmus agassizi Bonaparte 1840 "ショートノーズグリーンアイ"。
   syn.Aulopus agassizi (Bonaparte 1840)
     Chlorophthalmus productus Günther 1887
     Pelopsia candida Facciolà 1883
   ※汽水域進入性。5〜13℃。
 Chlorophthalmus albatrossis アオメエソ
   syn.Chlorophthalmus albatrosi
   ※"メヒカリ" ※発光器(+)。
   ※南日本〜熱帯域広範、豪州全域まで。いわき市魚。
 Chlorophthalmus atlanticus Poll 1953 "ニシアオメエソ"。
 Chlorophthalmus borealis マルアオメエソ
   ※青目エソより頭長・眼球径が小さめ。千葉県銚子以北と言われるが、台湾にも分布。
 Chlorophthalmus brasiliensis
 Chlorophthalmus chalybeius (Goode 1881)
   syn.Hyphalonedrus chalybeius Goode 1881
 Chlorophthalmus corniger Alcock 1894
   syn.Chlorophthalmus bicornis Norman 1939 "フタツノアオメエソ"。
 Chlorophthalmus deflecticaudus Schwarzhans 1977 (絶滅)
 Chlorophthalmus ichthyandri
 Chlorophthalmus lissus (Stinton 1957) (絶滅)
   syn.Megalops lissa Stinton 1957
 Chlorophthalmus mento
 Chlorophthalmus miocenicus (Frost 1924) (絶滅)
   syn.Elops miocenicus (Frost 1924)
     Otolithus (Genus Elops) miocenicus Frost 1928
 Chlorophthalmus nigromarginatus ツマグロアオメエソ
   syn.Chlorophthalmus acutifrons nigromarginatus
   ※発光器(+)。
 Chlorophthalmus oligocenicus Schwarzhans 1980 (絶滅)
 Chlorophthalmus pectoralis "ヒレナガアオメエソ"。
 Chlorophthalmus proridens
 Chlorophthalmus punctatus "ホシアオメエソ"。
 Chlorophthalmus udovichenkoi Schwarzhans & Bratishko 2011 (絶滅)
 Chlorophthalmus zvezdae
 Chlorophthalmus sp.'Bake Aome-Eso' バケアオメエソ
   ※発光器(+)。
 Chlorophthalmus sp.'Hireguro Aome-Eso' ヒレグロアオメエソ
   ※発光器(+)。
Genus Parasudis REGAN 1911 パラスディス属
   ※アオメエソ属よりも体が寸詰まり、吻端は嘴状。
 Parasudis fraserbrunneri
   syn.Chlorophthalmus fraserbrunneri
 Parasudis truculenta (Goode & Bean 1896) "ハシナガアオメエソ"。
   syn.Chlorophthalmus truculentus Goode & Bean 1896


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
5〜13℃
混泳
混泳同種・同型=△〜○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system