Centrolepididae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*硬骨部分より軟骨部分が多い(硬骨から軟骨質化)【軟質区】。
*ガノイン鱗【軟質区】。
*眼球後方に吸水孔【軟質区】。
*腸に螺旋弁【軟質区】。
*軟骨魚類のような歪尾を持つ【軟質区】。
*デボン紀〜白亜紀【パラエオニスクム目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、群泳【パラエオニスクム目】。
*小型魚・中型魚中心【パラエオニスクム目】。
*鰾は消化管と連結【パラエオニスクム目】。
*頭部は骨質板で覆われる【パラエオニスクム目】。
*菱形のガノイン鱗で武装(例外有り)【パラエオニスクム目】。
*背鰭は1基【パラエオニスクム目】。
*尾鰭の上葉と下葉はほぼ同大(例外あり)【パラエオニスクム目】。



Family CENTROLEPIDIDAE GARDINER 1960 ケントロレピス科
Centrolepidids (ケントロレピス科魚種)


Genus Centrolepis EGERTON ex AGASSIZ 1843 emend. EGERTON 1858 ケントロレピス属 (絶滅)
   ※≠Genus Centrolepis LABILLARDIÈRE 1804 [Centrolepidaceae, Plantae]。

◆ケントロレピス・アスペル (絶滅)
 Centrolepis asper Egerton ex Agassiz 1843 emend. Egerton 1858
 *1833-1843『Recherches sur les Poissons Fossiles 2, Contenant l'Histoire de l'Ordre des Ganoïdes:Jean Louis Rodolphe Agassiz』。
 *1843『A Catalogue of British Fossils, Comprising all the Genera and Species Hitherto Described, with References to Their Geological Distribution and to the Localities in Which They Have Been Found:John Morris』。
 *1858『Figures and Descriptions Illustrative of British Organic Remains 9:Philip de Malpas Grey Egerton』。



Genus Illiniichthys SCHULTZE & BARDACK 1987 イルリニイクティス属 (絶滅)

◆イルリニイクティス・コザルティ (絶滅)
 Illiniichthys cozarti Schultze & Bardack 1987
 *1987『Diversity and Size Changes in Palaeonisciform Fishes [Actinopterygii, Pisces] from the Pennsylvanian Mazon Creek Fauna, Illinois, USA:Hans-Peter Schultze & David Bardack』。

inserted by FC2 system