Caulophrynidae、おさかなマガジン 分類トップ

Caulophrynidae.jpg(48421 byte)
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲、底棲、低温性【側棘鰭上目】。
*体高はやや高めから低いもの・超扁平まで【側棘鰭上目】。
*眼球のサイズに関わらず視力が効く(例外あり)【側棘鰭上目】。
*大口で強い捕食性(例外あり)【側棘鰭上目】。
*触鬚や多様な鰭(鰭条)【側棘鰭上目】。
*脂鰭を欠く【側棘鰭上目】。
*第三紀〜現代【アンコウ目】。
*世界中【アンコウ目】。
*海水棲、淡水域進入性、深海棲、底棲、砂潜り【アンコウ目】。
*側偏気味の卵形から体高低いフットボール状・土管型・扁平円盤まで【アンコウ目】。
*無鱗、但し棘や板状組織・皮弁を纏う魚種あり【アンコウ目】。
*頭部は大きく一部の魚種は体の半分を占める【アンコウ目】。
*眼球は小さく一般的【アンコウ目】。
*口は上位・斜位大きく、獲物を水ごと吸い込む【アンコウ目】。
*顎に歯がズラリ(例外あり)【アンコウ目】。
*鰓孔は管状で小さく、胸鰭基部付近に開口【アンコウ目】。
*鰓条骨数5〜6【アンコウ目】。
*鰾は存在しないかしても消化管とは連絡しない【アンコウ目】。
*背鰭は2基(棘条+軟条)【アンコウ目】。
*第1背鰭は棘条で構成、前方1〜数本は遊離し個々独立【アンコウ目】。
*背鰭第1棘は伸張し誘引突起と化す(例外あり)【アンコウ目】。
*誘引突起は可動、先端に擬餌状体を備える【アンコウ目】。
*擬餌状体は発光する(例外あり)【アンコウ目】。
*第2背鰭は軟条で構成される【アンコウ目】。
*胸鰭は通常大きい【アンコウ目】。
*腹鰭は存在すれば胸鰭の前方に位置、海底を歩行【アンコウ目】。
*腹鰭棘条数1+軟条数5【アンコウ目】。
*臀鰭は無棘【アンコウ目】。
*尾鰭も推進力【アンコウ目】。
*卵生、卵は守らない(例外あり)【アンコウ目】。
*海水棲、汽水域進入性、深海棲、遊泳性、底棲【アカグツ亜目】。
*体型は様々(球形から扁平まで)【アカグツ亜目】。
*擬鰓を欠く【アカグツ亜目】。
*世界中【チョウチンアンコウ上科】。
*海水棲、深海棲、遊泳性【チョウチンアンコウ上科】。
*球形(卵形・長卵形)、もしくは体高の低い土管型【チョウチンアンコウ上科】。
*黒色〜濃色(褐色・紫)【チョウチンアンコウ上科】。
*イレギュラーなサイズの牙がズラリ(例外あり)【チョウチンアンコウ上科】。
*擬餌小体は腸内細菌科のバクテリアが共生・発光【チョウチンアンコウ上科】。
*腹鰭を欠く(幼魚除く)【チョウチンアンコウ上科】。
*オス個体は矮小でメス個体に寄生する傾向(例外あり)【チョウチンアンコウ上科】。
*世界中【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*海水棲、深海棲、遊泳性(浮遊性)【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*体は卵円形【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*頭部は非常に大きく、体の半分を占める【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*誘引突起の擬餌状体(発光器)を欠く【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*各鰭は良く伸び扇状、特に背鰭と臀鰭の鰭条は伸張する【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*背鰭鰭条数6〜22【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*腹鰭は幼魚期のみ【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*臀鰭鰭条数5〜19【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*尾鰭鰭条数8、円尾で伸長【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。
*卵生、オス個体はメス個体に寄生【ヒレナガチョウチンアンコウ科】。



Family CAULOPHRYNIDAE GOODE & BEAN 1896 ヒレナガチョウチンアンコウ科
Caulophrynids (ヒレナガチョウチンアンコウ科魚種)
Fan-Fins (ヒレナガチョウチンアンコウ類)


Genus Caulophryne GOODE & BEAN 1896 ヒレナガチョウチンアンコウ属
   ※+Genus Ceratocaulophryne ROULE & ANGEL 1932 (Type species : Ceratocaulophryne regani Roule & Angel 1932)。
   ※← [Sub-Family Caulophryninae GOODE & BEAN 1896]。
 Caulophryne bacescui Mihai-Bardan 1982
 Caulophryne jordani Goode & Bean 1896 ジョルダンヒレナガチョウチンアンコウ
Caulophrynidae    syn.Caulophryne setosa Goode & Bean 1896
     Ceratocaulophryne regani Roule & Angel 1932
 Caulophryne pelagica (Brauer 1902) ヒレナガチョウチンアンコウ
   syn.Caulophryne pietschi Balushkin & Fedorov 1985 "ピーチヒレナガチョウチンアンコウ"。
     Melanocetus pelagicus Brauer 1902
 Caulophryne polynema
   syn.Caulophryne jordani polynema
     Caulophryne regani
Genus Robia PIETSCH 1979 ロビア属
 Robia legula Pietsch 1979
inserted by FC2 system