Caseodontidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*体は側扁、若しくは紡錘形【全頭亜綱】。
*背鰭1〜2基【全頭亜綱】。
*尾鰭の形状は様々、現生種では尾部は細まりしばしば糸状【全頭亜綱】。
*櫛鱗は側線部のみに分布(例外あり)【全頭亜綱】。
*紡錘形の普通にサメ体型【エウゲネオドゥス目】。
*先端の歯は鋸刃状に細かく分かれる(歯列)【エウゲネオドゥス目】。
*顎の奥は溝を持つ歯板〜臼歯状・牙【エウゲネオドゥス目】。
*背鰭は1基・三角形で普通にサメのもの【エウゲネオドゥス目】。
*胸鰭後方に強い支持棘【エウゲネオドゥス目】。
*腹鰭・臀鰭を欠く魚種あり【エウゲネオドゥス目】。
*尾鰭は歪尾だがサバ科魚種のような三日月状(尾端は上方に向かう)【エウゲネオドゥス目】。
*まだ上下顎先端は特に変形・回転しない【カセオドゥス科】。
*歯も鋸刃状にはならない(臼歯状)【カセオドゥス科】。
*鰓孔5【カセオドゥス科】。
*腹鰭・臀鰭を欠きイルカのよう【カセオドゥス科】。



Family CASEODONTIDAE ZANGERL 1981 カセオドゥス科
Caseodontids (カセオドゥス科魚種)
Eugeneodontids (カセオドゥス科魚種)


Genus Campodus DE KÖNINCK 1844 カムポドゥス属 (絶滅)
   ※顎の上下端とも鈍角。
 Campodus agassizianus de Köninck 1844 (絶滅)
 Campodus rectangulus Trautschold 1879 (絶滅)
Genus Caseodus ZANGERL 1981 カセオドゥス属 (絶滅)
   ※顎の上下端は多少尖る。特に上顎端は鼻曲がり気味。
 Caseodus basalis (Cope 1894) (絶滅)
   syn.Campodus basalis (Cope 1894)
     Orodus basalis Cope 1894
 Caseodus eatoni Zangerl 1981 (絶滅)
 Caseodus gigas (Eaton 1962) (絶滅)
   syn.Fadenia gigas Eaton 1962
 Caseodus varidentis Mutter & Neuman 2008 (絶滅)
Genus Erikodus NIELSEN 1952 エリコドゥス属 (絶滅)
 Erikodus groenlandicus (Nielsen 1932) (絶滅)
   syn.Agassizodus groenlandicus Nielsen 1932
Genus Fadenia NIELSEN 1952 ファデニア属 (絶滅)
   ※≠Genus Fadenia AELLEN & TOWNS 1972[Chenopodiaceae, Plantae]。
   ※吻端は鋭く突出する。下顎端は丸まり巻き気味。胸鰭の支持棘?
 Fadenia crenulata Nielsen 1952 (絶滅)
Genus Ornithoprion WHEELER 1938 オルニトプリオン属 (絶滅)
   ※下顎が直線的に突き出す。
 Ornithoprion hertwigi Zangerl 1966 (絶滅)
 Ornithoprion nevadensis Wheeler 1938 (絶滅)
Genus Romerodus ZANGERL 1981 ロメロドゥス属 (絶滅)
 Romerodus orodontus Zangerl 1981 (絶滅)
Genus Paredestus MUTTER & NEUMAN 2008 パレデストゥス属 (絶滅)
 Paredestus bricircus Mutter & Neuman 2008 (絶滅)
inserted by FC2 system