Canowindridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*出現はシルル紀、海棲【肉鰭亜綱】。
*骨格は軟骨中心【肉鰭亜綱】。
*エナメル歯【肉鰭亜綱】。
*鰭の基部に鱗を伴う肉質突起【肉鰭亜綱】。
*デボン紀【四肢様動物上目】。
*肺による空気呼吸、または鰓との併用【四肢様動物上目】。
*魚類と迷歯亜綱(最初期の両生綱、但し一般的な両生類は無鱗)の中間【四肢様動物上目】。
*みかけシーラカンス様魚類〜有隣両生類様生物まで(迷歯亜綱の鱗は退化的)【四肢様動物上目】。
*四肢は鰭であったり脚であったり、上陸可能【四肢様動物上目】。
*関節窩(肩関節のソケット)の明瞭化【四肢様動物上目】。
*背鰭は体の後方に付く【カノウィンドラ科】。
*鰭膜は尾部の下の広がる【カノウィンドラ科】。



Family CANOWINDRIDAE YOUNG, LONG & RITCHIE 1992 カノウィンドラ科
Canowindrids (カノウィンドラ科魚種)
Tetrapodomorphs (カノウィンドラ科魚種)


Genus Beelarongia LONG 1987 ベエラロンギア属 (絶滅)

◆ベエラロンギア・パルティカエ (絶滅)
 Beelarongia patrichae Long 1987
 *1987『An Unusual Osteolepiform Fish from the Late Devonian of Victoria, Australia:John Albert Long』。



Genus Canowindra THOMSON 1973 カノウィンドラ属 (絶滅)

◆カノウィンドラ・グロッシ (絶滅)
 Canowindra grossi Thomson 1973
 *1973『Observations on a New Rhipidistian Fish from the Upper Devonian of Australia:Keith Stewart Thomson』。



Genus Koharalepis YOUNG, LONG & RITCHIE 1992 コハラレピス属 (絶滅)

◆コハラレピス・ヤルウィキ (絶滅)
 Koharalepis jarviki Young, Long & Ritchie 1992
 *1992『Crossopterygian Fishes from the Devonian of Antarctica, Systematics, Relationships and Biogeographic Significance:Gavin C.Young, John Albert Long & Alexander Ritchie』。



Genus Owensia HOLLAND 2009 オウェンシア属 (絶滅)

◆オウェンシア・コオイ (絶滅)
 Owensia chooi Holland 2009
 *2009Owensia chooi, a New Tetrapodomorph Fish from the Middle Devonian of the South Blue Range, Victoria, Australia:Timothy Holland』。

inserted by FC2 system