Bregmaceridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲、底棲、低温性【側棘鰭上目】。
*体高はやや高めから低いもの・超扁平まで【側棘鰭上目】。
*眼球のサイズに関わらず視力が効く(例外あり)【側棘鰭上目】。
*大口で強い捕食性(例外あり)【側棘鰭上目】。
*触鬚や多様な鰭(鰭条)【側棘鰭上目】。
*脂鰭を欠く【側棘鰭上目】。
*卵生・卵胎生、胎生【側棘鰭上目】。
*第三紀中期〜現代【タラ目】。
*世界中【タラ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲、遊泳性、底棲【タラ目】。
*体高低く体は延長【タラ目】。
*円鱗、一部の魚種は櫛鱗【タラ目】。
*上顎伸出可能【タラ目】。
*前鋤骨は吻軟骨で中師骨より隔離【タラ目】。
*外翼状骨歯−【タラ目】。
*基蝶形骨を欠く【タラ目】。
*眼下蝶形骨を欠く【タラ目】。
*中烏口骨を欠く【タラ目】。
*鰓条骨数6〜8【タラ目】。
*鰾に気道はなく、鰾を持たないものもある【タラ目】。
*背鰭は1〜3基【タラ目】。
*背鰭・臀鰭の基底は長大【タラ目】。
 ↑担鰭骨=脊椎骨数×2〜3【タラ目】。
*腹鰭は喉位(例外あり)【タラ目】。
*腹鰭鰭条(〜11)が一部の魚種は伸張【タラ目】。
*腹鰭・尾鰭などを欠く魚種あり【タラ目】。
*卵生、卵は守らない【タラ目】。
*真の棘条を持たない(例外あり)【タラ亜目】。
*下顎に触鬚(例外あり)【タラ亜目】。
*第三紀始新世後期〜現代【サイウオ科】。
*世界中(熱帯を中心)【サイウオ科】。
*海水棲、汽水域進入性【サイウオ科】。
*体高低いイワシ体型(汽水魚的外観)【サイウオ科】。
*脊椎骨数43〜59【サイウオ科】。
*頭部は小さく、殆ど眼球で占められる【サイウオ科】。
*プランクトン食【サイウオ科】。
*鋤骨歯+【サイウオ科】。
*鱗は大きい【サイウオ科】。
*触鬚を欠く【サイウオ科】。
*側線は背部を伝う【サイウオ科】。
*側線鱗数40〜89【サイウオ科】。
*幽門垂は少数【サイウオ科】。
*背鰭は2基【サイウオ科】。
*第1背鰭は頭頂に1条【サイウオ科】。
*第2背鰭は長大で第1・第2のように強く湾入(3基になる直前)【サイウオ科】。
*背鰭鰭軟条40〜66【サイウオ科】。
*腹鰭鰭条数5、外側3条が伸長【サイウオ科】。
*臀鰭基底は長大【サイウオ科】。
*臀鰭は第2背鰭に対在、背鰭同様に強く湾入(2基になる直前)【サイウオ科】。
*臀鰭軟条数41〜60【サイウオ科】。
*尾鰭は2叉【サイウオ科】。



Family BREGMACERIDAE GILL 1872 サイウオ科
Bregmacerids (サイウオ科魚種)
Bregmacerotids (サイウオ科魚種)
Codlets (サイウオ類)
Unicorn-Cods (サイウオ類)


Genus Bregmaceros THOMPSON 1840 サイウオ属
   ※+Genus Asthenurus TICKELL 1865 (Type species : Asthenurus atripinnis Tickell 1865)。
   ※+Genus Calloptilum RICHARDSON 1845 (Type species : Calloptilum mirum Richardson 1845)。
   ※≠Genus Calloptilum HUTTON 1873 [Moridae]。
   ※+Genus Pseudeleginus LE SAUVAGE 1880 (Type species : Pseudeleginus albyi le Sauvage 1880)。
   ※+Genus Problennius PRIEM 1908 (Type species : Problennius filamentosus Priem 1908)。
 Bregmaceros antiquus Schwarzhans 1980 (絶滅)
 Bregmaceros arabicus インドサイウオ
 Bregmaceros atlanticus セイヨウサイウオ
 Bregmaceros bathymaster "コッドレット"。
   syn.Bregmaceros longipes
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Bregmaceros cantori "ストライプコッド"。
 Bregmaceros cayorus
 Bregmaceros felkeri Schwarzhans 2007 (絶滅)
 Bregmaceros filamentosus (Priem 1908) (絶滅)
   syn.Problennius filamentosus Priem 1908
 Bregmaceros houdei "ハウサイウオ"。
 Bregmaceros japonicus サイウオ
   syn.Bregmaceros atlanticus japonicus
 Bregmaceros lanceolatus ※汽水域進入性。
 Bregmaceros mcclellandi Thompson 1840 ミナミサイウオ
   syn.Asthenurus atripinnis Tickell 1865
     Bregmaceros albyi (le Sauvage 1880)
     Bregmaceros catulus Schubert 1908
     Calloptilum mirum Richardson 1845
     Otolithus (Genus Xenodermichthys) catulus Schubert 1908
     Pseudeleginus albyi le Sauvage 1880
     Xenodermichthys catulus (Schubert 1908)
   ※汽水域進入性。
 Bregmaceros minutus Stinton 1957 (絶滅)
 Bregmaceros nectabanus トヤマサイウオ
 Bregmaceros neonectabanus クロハラサイウオ
 Bregmaceros oblongus Schwarzhans 1977 (絶滅)
 Bregmaceros pescadorus "台湾サイウオ"。
 Bregmaceros prosoponos Grenfell 1984 (絶滅)
 Bregmaceros pseudolanceolatus "フォールスランスコッド"。
 Bregmaceros rarisquamosus "オオメサイウオ"。
 Bregmaceros troelli Frizzell & Dante 1965 (絶滅)
Genus Bregmaceridarum ブレグマケリダルム属 (絶滅) ※Otoliths=耳石。
 Bregmaceridarum minimum (Frost 1934) (絶滅)
   syn.Bregmacerotidarum minimum (Frost 1934)
     Otolithus (Genus Macrurus) minimus Frost 1934
Genus Maorigadus SCHWARZHANS 1980 マオリガドゥス属 (絶滅)
 Maorigadus anarchicus Schwarzhans 1980 (絶滅)
 Maorigadus delicatulus Schwarzhans 1980 (絶滅)
 Maorigadus ukrainicus Schwarzhans & Bratishko 2011 (絶滅)
inserted by FC2 system