Brachionichthyidae、おさかなマガジン 分類トップ

Thymichthys politus
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲、底棲、低温性【側棘鰭上目】。
*体高はやや高めから低いもの・超扁平まで【側棘鰭上目】。
*眼球のサイズに関わらず視力が効く(例外あり)【側棘鰭上目】。
*大口で強い捕食性(例外あり)【側棘鰭上目】。
*触鬚や多様な鰭(鰭条)【側棘鰭上目】。
*脂鰭を欠く【側棘鰭上目】。
*第三紀〜現代【アンコウ目】。
*世界中【アンコウ目】。
*海水棲、淡水域進入性、深海棲、底棲、砂潜り【アンコウ目】。
*側偏気味の卵形から体高低いフットボール状・土管型・扁平円盤まで【アンコウ目】。
*無鱗、但し棘や板状組織・皮弁を纏う魚種あり【アンコウ目】。
*頭部は大きく一部の魚種は体の半分を占める【アンコウ目】。
*眼球は小さく一般的【アンコウ目】。
*口は上位・斜位大きく、獲物を水ごと吸い込む【アンコウ目】。
*顎に歯がズラリ(例外あり)【アンコウ目】。
*鰓孔は管状で小さく、胸鰭基部付近に開口【アンコウ目】。
*鰓条骨数5〜6【アンコウ目】。
*鰾は存在しないかしても消化管とは連絡しない【アンコウ目】。
*背鰭は2基(棘条+軟条)【アンコウ目】。
*第1背鰭は棘条で構成、前方1〜数本は遊離し個々独立【アンコウ目】。
*背鰭第1棘は伸張し誘引突起と化す(例外あり)【アンコウ目】。
*誘引突起は可動、先端に擬餌状体を備える【アンコウ目】。
*擬餌状体は発光する(例外あり)【アンコウ目】。
*第2背鰭は軟条で構成される【アンコウ目】。
*胸鰭は通常大きい【アンコウ目】。
*腹鰭は存在すれば胸鰭の前方に位置、海底を歩行【アンコウ目】。
*腹鰭棘条数1+軟条数5【アンコウ目】。
*臀鰭は無棘【アンコウ目】。
*尾鰭も推進力【アンコウ目】。
*中新世〜現代【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*世界中(極地・地中海を除く)【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*海水棲、淡水域進入性、底棲、浮遊性(他力本願)【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*体は側扁・寸詰まりで丸みを帯びる(例外あり)【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*本目としては体高がある【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*色彩変化に富み、皮弁や突起物(藻類・ヒドロ虫)で周囲(ホンダワラ・海綿・ホヤ)に擬態【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*口は大きくほぼ垂直【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*鰓孔は胸鰭下に開き、排出される水流で移動可能【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*鰾を有する(例外あり)【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*背鰭棘条数3、個々が独立(例外あり)【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*腹鰭は脚となり海底を歩行(獲物に躄り寄る)【カエルアンコウ(aka.イザリウオ)亜目】。
*始新世〜現代【トサカアンコウ科】。
*旧世界、豪州限局分布【トサカアンコウ科】。
*海水棲【トサカアンコウ科】。
*体高がより低く、やや体は延長気味(寸詰まり体型)【トサカアンコウ科】。
*鰓孔は胸鰭の後方に開口【トサカアンコウ科】。
*体表に小歯が散る【トサカアンコウ科】。
*背鰭基底は非常に長い【トサカアンコウ科】。
*第2背鰭棘が第3背鰭棘と皮膜で連結【トサカアンコウ科】。
*背鰭軟条(非分岐)数15〜18【トサカアンコウ科】。
*胸鰭棘条1+軟条4【トサカアンコウ科】。
*臀鰭軟条数7〜10【トサカアンコウ科】。
*円尾【トサカアンコウ科】。
*卵生【トサカアンコウ科】。



Family BRACHIONICHTHYIDAE GILL 1863 トサカアンコウ科
Brachionichthyids (トサカアンコウ科魚種)
Hand-Fishes (トサカアンコウ類)
Warty Anglers (トサカアンコウ科魚種)


Genus Brachionichthys BLEEKER 1855 ブラキオニクティス属
 Brachionichthys australis "スポットハンドフィッシュ(豪州)"。
 Brachionichthys hirsutus (de la Cépède 1804) "スポットハンドフィッシュ"。
   syn.Chironectes punctatus Cuvier 1817
     Lophius hirsutus de la Cépède 1804
   ※IUCN Critically Endangered  A1cde  ver.2.3
Genus Brachiopsilus LAST & GLEDHILL 2009 ブラキオプシルス属
   ※← [Sub-Family Brachionichthyinae GILL 1863]。
 Brachiopsilus dianthus "モモイロトサカアンコウ"。
 Brachiopsilus dossenus "コブトサカアンコウ"。
 Brachiopsilus ziebelli Last & Gledhill 2009 "ジーベルハンドフィッシュ"。
Genus Histionotophorus EASTMAN 1904 ヒスティオノトフォルス属 (絶滅)
   ※=Genus Histiocephalus DE ZIGNO 1887。
   ※≠Genus Histiocephalus DIESING 1851 [Habronematidae, Spirurida, Nematoda]。
   ※初記載はメバル科。
 Histionotophorus bassani (de Zigno 1887) (絶滅)
   syn.Histiocephalus bassani de Zigno 1887
Genus Orrichthys CARNEVALE & PIETSCH 2010 オルリクティス属 (絶滅)
 Orrichthys longimanus Carnevale & Pietsch 2010 (絶滅)
Genus Pezichthys LAST & GLEDHILL 2009 ペジクティス属
 Pezichthys amplispinus Last & Gledhill 2009 "コカトゥトサカアンコウ"。
 Pezichthys compressus "ナガトサカアンコウ"。
 Pezichthys eltanini "エルタニントサカアンコウ"。
 Pezichthys macropinnis "ヒレナガトサカアンコウ"。
 Pezichthys nigrocilius "アイラッシュトサカアンコウ"。
Genus Sympterichthys GILL 1878 シムプテリクティス属
 Sympterichthys laevis (de la Cépède 1804) ※位置不明種。
   syn.Lophius laevis de la Cépède 1804
 Sympterichthys moultoni "モールトントサカアンコウ"。
 Sympterichthys unipennis "ナメラトサカアンコウ"。
   syn.Brachionichthys unipennis
     Chironectes unipennis
Genus Thymichthys GILL 1878 ティミクティス属
Thymichthys politus  Thymichthys politus (Richardson 1844) "アカトサカアンコウ"。
   syn.Brachionichthys politus (Richardson 1844)
     Cheironectes politus Richardson 1844
     Sympterichthys politus (Richardson 1844) ※フィッシュベースの有効名。
 Thymichthys verrucosus "ワートトサカアンコウ"。
   syn.Brachionichthys verrucosus
     Sympterichthys verrucosus
inserted by FC2 system