Barbuccidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*旧世界・新世界【骨鰾系】。
*淡水棲、汽水域進入性【骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は完全【骨鰾系】。
*追星・若しくは性的2型(例外あり)【骨鰾系】。
*新生代(暁新世)〜現代【コイ目】。
*旧大陸(ユーラシア+アフリカ)【コイ目】。
*殆どが淡水棲、一部汽水域進入性、非常に稀な海水棲【コイ目】。
*緩やかな流れや止水域、渓流棲、回遊性【コイ目】。
*頭頂骨があり頭部は無鱗【コイ目】。
*接続骨・下鰓蓋骨・肉間骨がある【コイ目】。
*ウェーベル氏器官【コイ目】。
*咽頭歯を有する(例外あり)【コイ目】。
*顎に歯がない【コイ目】。
*鰓条骨3【コイ目】。
*口器伸長可能、若しくは吸盤状をなす【コイ目】。
*鼻上げや粘膜呼吸・腸管呼吸など、特殊なガス交換能【コイ目】。
*2〜のヒゲ(非可動)を持つ魚種も多いが、これを欠く魚種も多数【コイ目】。
*対鰭・非対鰭は完全【コイ目】。
*背鰭は1基、脂鰭を欠く(例外あり)【コイ目】。
*卵生、卵は守らない(例外あり)【コイ目】。
*東南アジア【バルブッカ科】。
*淡水棲【バルブッカ科】。
*上顎唇は肉厚で滑らか・しばしばノッチを生じる【バルブッカ科】。
*下顎唇は上顎唇と連続【バルブッカ科】。
*触鬚に輪状突起【バルブッカ科】。



Family BARBUCCIDAE KOTTELAT 2012 バルブッカ科
Barbuccids (バルブッカ科)


Genus Barbucca ROBERTS 1989 バルブッカ属
 Barbucca diabolica Roberts 1989 "ストーンローチ(クーリー)"。
 Barbucca elongata Vasil'eva & Vasil'ev 2013
inserted by FC2 system