Anomalopidae、おさかなマガジン 分類トップ

Kryptophanaron alfredi
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*世界中【キンメダイ目】。
*海水棲【キンメダイ目】。
*眼下蝶形骨を有する【キンメダイ目】。
*ジャクボウスキー氏器官の存在【キンメダイ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【キンメダイ目】。
*腹鰭は胸位、1棘【キンメダイ目】。
*卵生【キンメダイ目】。
*眼球は大きい【ヒカリキンメ目】。
*眼球直下に発光細菌を用いた発光器官を有する【ヒカリキンメ目】。
*発光器官は非常に大きく反転可能【ヒカリキンメ目】。
*背鰭は1〜2基【ヒカリキンメ目】。
*臀鰭基底はやや長い【ヒカリキンメ目】。
*尾鰭は2叉【ヒカリキンメ目】。



Family ANOMALOPIDAE GILL 1889 ヒカリキンメ科
Anomalopids (ヒカリキンメ科)
Eye-Light Fishe (Photoblepharon palpebratum)
Flash-Light Fishes (ヒカリキンメ類)
Lantern-Eye Fishes (ヒカリキンメ類)


Genus Anomalops KNER 1868 ヒカリキンメダイ属
   ※+Genus Heterophthalmus BLEEKER 1856 (Type species : Heterophthalmus katoptron Bleeker 1856)。
   ※← [Sub-Family Heterophthalminae GILL 1862]。
   ※背鰭は2基、第1背鰭は棘条で構成。
 Anomalops katoptron (Bleeker 1856) ヒカリキンメダイ
   syn.Anomalops graeffei Kner 1868
       ※模式種、但し先に記載された Heterophthalmus katoptron Bleeker 1856 に統合。
     Heterophthalmus katoptron Bleeker 1856
Genus Kryptophanaron SILVESTER & FOWLER 1926 クリプトファナロン属
   ※背鰭は2基、第1背鰭は棘条で構成。
Kryptophanaron alfredi  Kryptophanaron alfredi Silvester & Fowler 1926 "ニシヒカリキンメ"。
Genus Parmops ROSENBLATT & JOHNSON 1991 パルモプス属
 Parmops coruscans Rosenblatt & Johnson 1991
 Parmops echinatus "タヒチヒカリキンメ"。
Genus Photoblepharon WEBER 1902 フォトブレファロン属
   ※背鰭は1基、やや寸詰まり気味。
 Photoblepharon palpebratum (Boddaert 1781) "アイライトフィッシュ"。
   syn.Sparus palpebratus Boddaert 1781
 Photoblepharon steinitzi "センコウキンメ"。
   syn.Photoblepharon palpebratum steinitzi
Genus Phthanophaneron JOHNSON & ROSENBLATT 1988 フタノファネロン属
   ※背鰭基底は長大、湾入する。
 Phthanophaneron harveyi (Rosenblatt & Montgomery 1976) "ハーベイヒカリキンメ"。
   syn.Kryptophanaron harveyi Rosenblatt & Montgomery 1976
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
Genus Protoblepharon BALDWIN, JOHNSON & PAXTON 1997 プロトブレファロン属
 Protoblepharon mccoskeri Ho & Johnson 2012
 Protoblepharon rosenblatti Baldwin, Johnson & Paxton 1997 "クック諸島ヒカリキンメ"。

水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system