Amphicentridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*硬骨部分より軟骨部分が多い(硬骨から軟骨質化)【軟質区】。
*ガノイン鱗【軟質区】。
*眼球後方に吸水孔【軟質区】。
*腸に螺旋弁【軟質区】。
*軟骨魚類のような歪尾を持つ【軟質区】。
*デボン紀〜白亜紀【パラエオニスクム目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、群泳【パラエオニスクム目】。
*小型魚・中型魚中心【パラエオニスクム目】。
*鰾は消化管と連結【パラエオニスクム目】。
*頭部は骨質板で覆われる【パラエオニスクム目】。
*菱形のガノイン鱗で武装(例外有り)【パラエオニスクム目】。
*背鰭は1基【パラエオニスクム目】。
*尾鰭の上葉と下葉はほぼ同大(例外あり)【パラエオニスクム目】。
*体高があり卵形〜菱形・強く側扁【ドリプテルス亜目】。
*背鰭と臀鰭は体の中央から尾柄まで続く【ドリプテルス亜目】。
*尾鰭は強く2叉、尾端は上方へ向かう【ドリプテルス亜目】。
*体は菱形【アムフィケントルム科】。
*背鰭は全体に丈がない【アムフィケントルム科】。
*対鰭はとても小さい(腹鰭は全く目立たない)【アムフィケントルム科】。



Family AMPHICENTRIDAE MOY-THOMAS 1939 アムフィケントルム科
Amphicentrids (アムフィケントルム科魚種)
Palaeoniscoids (アムフィケントルム科魚種)


Genus Amphicentrum YOUNG 1866 アムフィケントルム属 (絶滅)
   ※≠Genus Cheirodus PANDER 1858 [Dipteridae]。
   ※+Genus Cheirodus TRAQUAIR 1890 (Type species : Cheirodus crassus Traquair 1890)。
 Amphicentrum crassum (Traquair 1890) (絶滅)
   syn.Cheirodus crassus Traquair 1890
     Chirodus crassus (Traquair 1890)
 Amphicentrum granulosum Young 1866 (絶滅)
   syn.Chirodus granulosus (Young 1866)
 Amphicentrum jurgenai Zidek 1992 (絶滅)
 Amphicentrum orbiculare (Newberry & Worthen 1870) (絶滅)
   syn.Chirodus orbicularis (Newberry & Worthen 1870)
     Platysomus orbicularis Newberry and Worthen 1870
Genus Cheirodopsis TRAQUAIR 1881 ケイロドプシス属 (絶滅)
 Cheirodopsis geikiei Traquair 1881 (絶滅)
Genus Tompoichthys OBRUČHEV 1964 トムポイクティス属 (絶滅)
 Tompoichthys abramovi Obručhev 1964 (絶滅)
inserted by FC2 system