Amphicentridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*硬骨部分より軟骨部分が多い(硬骨から軟骨質化)【軟質区】。
*ガノイン鱗【軟質区】。
*眼球後方に吸水孔【軟質区】。
*腸に螺旋弁【軟質区】。
*軟骨魚類のような歪尾を持つ【軟質区】。
*デボン紀〜白亜紀【パラエオニスクム目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、群泳【パラエオニスクム目】。
*小型魚・中型魚中心【パラエオニスクム目】。
*鰾は消化管と連結【パラエオニスクム目】。
*頭部は骨質板で覆われる【パラエオニスクム目】。
*菱形のガノイン鱗で武装(例外有り)【パラエオニスクム目】。
*背鰭は1基【パラエオニスクム目】。
*尾鰭の上葉と下葉はほぼ同大(例外あり)【パラエオニスクム目】。
*体高があり卵形〜菱形・強く側扁【ドリプテルス亜目】。
*背鰭と臀鰭は体の中央から尾柄まで続く【ドリプテルス亜目】。
*尾鰭は強く2叉、尾端は上方へ向かう【ドリプテルス亜目】。
*体は菱形【アムフィケントルム科】。
*背鰭は全体に丈がない【アムフィケントルム科】。
*対鰭はとても小さい(腹鰭は全く目立たない)【アムフィケントルム科】。



Family AMPHICENTRIDAE MOY-THOMAS 1939 アムフィケントルム科
Amphicentrids (アムフィケントルム科魚種)
Palaeoniscoids (アムフィケントルム科魚種)


Genus Amphicentrum YOUNG 1866 アムフィケントルム属 (絶滅)
   ※≠Genus Cheirodus PANDER 1858 [Dipteridae]。
   ※+Genus Cheirodus TRAQUAIR 1890 (Type species : Cheirodus crassus Traquair 1890)。

◆アムフィケントルム・クラッスム (絶滅)
 Amphicentrum crassum (Traquair 1890)
   syn.Cheirodus crassus Traquair 1890
     Chirodus crassus (Traquair 1890)
 *1890『List of the Fossil Dipnoi and Ganoidei of Fife and the Lothians:Ramsay Heatley Traquair』。

◆アムフィケントルム・グラヌロスム (絶滅)
 Amphicentrum granulosum Huxley ex Young 1866
   syn.Cheirodus granulosus (Huxley ex Young 1866)
     Chirodus granulosus (Huxley ex Young 1866)
 *1866『On the Affinities of Platysomus and Allied Genera:John Young』。
 本属はヤングが設立し、本種はハクスリーが同著内で紹介。

◆アムフィケントルム・ユルゲナイ (絶滅)
 Amphicentrum jurgenai Zidek 1992
 *1992『Late Pennsylvanian Chondrichthyes, Acanthodii, and Deep-Bodied Actinopterygii from the Kinney Quarry, Manzanita Mountains, New Mexico:Jiri Zidek』。

◆アムフィケントルム・オルビクラレ (絶滅)
 Amphicentrum orbiculare (Newberry & Worthen ex Worthen 1870)
   syn.Chirodus orbicularis (Newberry & Worthen ex Worthen 1870)
     Platysomus orbicularis Newberry & Worthen ex Worthen 1870
 *1870『Palæontology 1, Descriptions of Fossil Vertebrates in Geological Survey of Illinois 4, Geology and Palæontology:Amos Henry Worthen』。
 記載時は図版と名称のみで記述はない。


Genus Cheirodopsis TRAQUAIR 1881 ケイロドプシス属 (絶滅)
   ※← [Family Cheirodopsididae MOY-THOMAS 1939]。=Cheirodidae。

◆ケイロドプシス・ゲイキエイ (絶滅)
 Cheirodopsis geikiei Traquair 1881 non Traquair 1877
 *1881『Report on the Fossil Fishes Collected by the Geological Survey of Scotland in Eskdale and Liddesdale 1, Ganoidei:Ramsay Heatley Traquair』。



Genus Tompoichthys OBRUČHEV ex ORLOV 1964 トムポイクティス属 (絶滅)

◆トムポイクティス・アブラモウィ (絶滅)
 Tompoichthys abramovi Obručhev ex Orlov 1964
 *1964『Справочник для палеонтологов и геологов СССР 15, Основы палеонтологии:Юрий Александрович Орлов』。

inserted by FC2 system