Amblyopsididae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲、底棲、低温性【側棘鰭上目】。
*体高はやや高めから低いもの・超扁平まで【側棘鰭上目】。
*眼球のサイズに関わらず視力が効く(例外あり)【側棘鰭上目】。
*大口で強い捕食性(例外あり)【側棘鰭上目】。
*触鬚や多様な鰭(鰭条)【側棘鰭上目】。
*脂鰭を欠く【側棘鰭上目】。
*卵生・卵胎生、胎生【側棘鰭上目】。
*第三紀初期〜現代【サケスズキ目】。
*淡水棲【サケスズキ目】。
*新大陸【サケスズキ目】。
*体高は低い【サケスズキ目】。
*脊椎骨数28〜35【サケスズキ目】。
*一部眼球を欠く【サケスズキ目】。
*前上顎骨伸出不可【サケスズキ目】。
*口蓋歯+【サケスズキ目】。
*鋤骨歯を欠く【サケスズキ目】。
*外翼状骨にも歯【サケスズキ目】。
*鰓条骨6【サケスズキ目】。
*眼下蝶形骨を欠く【サケスズキ目】。
*眼下骨棚を欠く【サケスズキ目】。
*基蝶形骨を欠く【サケスズキ目】。
*小棘を備える櫛鱗(例外あり)【サケスズキ目】。
*成長と共に肛門が前方へ移動、喉元へ【サケスズキ目】。
*背鰭に弱い棘条【サケスズキ目】。
*腹鰭を有する(例外あり)【サケスズキ目】。
*腹鰭軟条数3〜8【サケスズキ目】。
*尾鰭軟条数16、軟条は分岐【サケスズキ目】。
*卵を保護する(例外あり)【サケスズキ目】。
*新大陸の北半球側【洞窟魚科】。
*淡水棲、地下棲(高温耐性無し)【洞窟魚科】。
*体高低くやや細長い【洞窟魚科】。
*脊椎骨数27〜35【洞窟魚科】。
*洞窟棲の魚種は無色【洞窟魚科】。
*眼球は小さく痕跡程度、一部の魚種は皮下埋没【洞窟魚科】。
*頭部から尾柄にかけて感覚突起が並ぶ【洞窟魚科】。
*円鱗、頭部は裸出【洞窟魚科】。
*側線は不完全・若しくはよく発達する【洞窟魚科】。
*背鰭は1基で体の中央からやや後方に位置【洞窟魚科】。
*背鰭棘条数0〜2+背鰭軟条数7〜12【洞窟魚科】。
*脂鰭を欠く(例外あり)【洞窟魚科】。
*臀鰭は背鰭と同位置【洞窟魚科】。
*臀鰭棘条数0+背鰭軟条数8〜11【洞窟魚科】。
*尾鰭は円尾【洞窟魚科】。
*体内時計は47時間周期(太陽光に依らない)【洞窟魚科】。
*卵は大きめ・メス個体の鰓腔で守られる【洞窟魚科】。



Family AMBLYOPSIDIDAE BONAPARTE 1845 洞窟魚科
Amblyopsidids (洞窟魚科魚種)
Amblyopsids (洞窟魚科魚種)
Blind-Fishes (洞窟魚類)
Cave-Fishes (洞窟魚類)
Swamp-Fish (Chologaster cornuta)


Genus Amblyopsis DE KAY 1842 アムブリオプシス属
   ※+Genus Poecilosomus SWAINSON 1839。模式種指定なし。
   ※+Genus Troglichthys EIGENMANN 1899 (Type species : Typhlichthys rosae Eigenmann 1898)。
   ※← [Family Hypsaeidae STORER 1846]。=Hypsocidae。
   ※← [Heteropygii TELLKAMPF 1844]。
   ※無色。
 Amblyopsis hoosieri Niemiller, Prejean & Chakrabarty 2014
 Amblyopsis rosae (Eigenmann 1898) "オザーク洞窟魚"。
   syn.? Amblyopsis rosae arkansasus Romero 1998
     ? Amblyopsis rosae whitae Romero 1998
     Troglichthys rosae (Eigenmann 1898)
     Typhlichthys rosae Eigenmann 1898
   ※腹鰭を欠く。IUCN Vulnerable  D1+2  ver.2.3
   ※合衆国魚類及び野生生物保護局(Threatened)。
 Amblyopsis spelaea de Kay 1842 "北米北部洞窟魚"。
   ※痕跡的な腹鰭、極稀にこれを欠く。IUCN Vulnerable  D2  ver.2.3
Genus Chologaster AGASSIZ 1853 コロガステル属
   ※有色。
 Chologaster cornuta Agassiz 1853 "スワンプフィッシュ"。
   ※腹鰭を欠く。体側に前方が広がる黒帯。
Genus Forbesichthys JORDAN 1929 フォルベシクティス属
   ※≠Genus Forbesella HERDMAN 1891 [Pyuridae, Stolidobranchia, Ascidiacea]。
   ※=Genus Forbesella JORDAN & EVERMANN 1927。
   ※≠Genus Forbesella LACAZE-DUTHIERS & DELAGE 1892 [Pyuridae, Stolidobranchia, Ascidiacea]。
   ※有色。
 Forbesichthys agassizii (Putnam 1872) "スプリングケイブフィッシュ"。
   syn.Chologaster agassizii Putnam 1872
     Chologaster papillifera Forbes 1882
     Forbesella papillifera (Forbes 1882)
       ※模式種、但し先に記載された Chologaster agassizii Putnam 1872 に統合。
   ※腹鰭を欠く。体側に白色のライン。
Genus Speoplatyrhinus COOPER & KUEHNE 1974 スペオプラティリヌス属
   ※無色。
 Speoplatyrhinus poulsoni Cooper & Kuehne 1974 "アラバマ洞窟魚"。
   ※頭部は凹み、腹鰭を欠く。IUCN Critically Endangered  C2b  ver.2.3
   ※合衆国魚類及び野生生物保護局(Endangered)。
Genus Typhlichthys GIRARD 1859 ティフリクティス属
   ※無色。
 Typhlichthys subterraneus Girard 1859 "北米南部洞窟魚"。
   syn.Typhlichthys eigenmanni Charlton 1933 non Hubbs 1938
     ? Typhlichthys eigenmanni Hubbs 1938 non Charlton 1933
     Typhlichthys osborni Eigenmann 1905
     Typhlichthys wyandotte Eigenmann 1905
   ※IUCN Vulnerable  D2  ver.2.3
inserted by FC2 system