Alopiidae、おさかなマガジン 分類トップ

Alopias_pelagicus1.jpg(54098 byte)
*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*世界中【ネズミザメ上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲、深海棲、砂潜り【ネズミザメ上目】。
*紡錘形から円筒形、扁平まで【ネズミザメ上目】。
*鰓孔(5)は側面、上方から目視可能【ネズミザメ上目】。
*背鰭は2基+胸鰭+腹鰭+臀鰭+尾鰭【ネズミザメ目】。
*鰓孔は5【ネズミザメ目】。
*瞬膜を欠く【ネズミザメ目】。
*口は目の後方まで裂ける【ネズミザメ目】。
*海棲【オナガザメ科】。
*第2背鰭基底は腹鰭の後方、背鰭は全体に小さめ【オナガザメ科】。
*胸鰭は強大【オナガザメ科】。
*尾鰭上葉は著しく伸長し、全長の半分を占める。反面、下葉は著しく小さい【オナガザメ科】。
*卵胎生、胎内共食い【オナガザメ科】。



Family ALOPIIDAE BONAPARTE 1938 オナガザメ科
Alopiids (オナガザメ科魚種)
Thresher-Sharks (オナガザメ類)


Genus Alopias RAFINESQUE 1810 オナガザメ属
   ※+Genus Alopecias MÜLLER & HENLE 1837 (Type species : Squalus vulpes Gmelin 1789)。
   ※+Genus Vulpecula DE BOMARE 1764 ex GARMAN 1913 (Type species : Vulpecula marina Garman 1913)。
ニタリ    ※+Genus Vulpecula JAROCKI 1822。原著未発見。
   ※← [Alopeciini BONAPARTE 1850]。
   ※← [Alopiadini BONAPARTE 1835]。
   ※← [Family Vulpeculidae GARMAN 1913]。
 Alopias alabamensis White 1956 (絶滅)
 Alopias crochardi Ward 1978 (絶滅)
 Alopias denticulatus Cappetta 1981 (絶滅)
 Alopias exiguus (Probst 1879) (絶滅)
   syn.Oxyrhina exigua Probst 1879
 Alopias latidens Leriche 1909 (絶滅)
   syn.Alopias grandis Leriche 1942
     Alopias latidens carolinensis White 1956
 Alopias pelagicus ニタリ
   ※東京都留意種指定(伊豆諸島)。
   ※IUCN Vulnerable  A2d+4d  ver.3.1
 Alopias superciliosus ハチワレ
   syn.Alopias profundus
   ※東京都留意種指定(伊豆諸島)。
ハチワレ    ※IUCN Vulnerable  A2bd  ver.3.1
 Alopias vulpinus (Bonnaterre 1788) マオナガ
   syn.Alopecias barrae Pérez-Canto 1886
     Alopecias chilensis Philippi 1902
     Alopecias longimanus Philippi 1902
     Alopecias vulpes (Gmelin 1789)
     Alopes macrourus (Rafinesque 1810) ※スペルミス。
     Alopias caudatus Phillipps 1932
     Alopias greyi Whitley 1937
     Alopias macrourus Rafinesque 1810
       ※模式種、但し先に記載された Squalus vulpinus Bonnaterre 1788 に統合。
マオナガ      Alopias vulpes (Gmelin 1789)
     Alopius macrourus (Rafinesque 1810) ※スペルミス。
     Carcharias vulpes (Gmelin 1789)
     Galeus vulpeculus Rafinesque 1810
     Squalus alopecias (Gronow 1854)
     Squalus vulpes Gmelin 1789 non Berkenhout 1789
     Squalus vulpinus Bonnaterre 1788
     Vulpecula marina Garman 1913
   ※IUCN Vulnerable  A2bd+3bd+4bd  ver.3.1
Genus Paranomotodon HERMAN 1975 パラノモトドン属 (絶滅)
 Paranomotodon angustidens (Reuss 1845) (絶滅)
   syn.Anomotodon angustidens (Reuss 1845)
     Isurus angustidens (Reuss 1845)
     Oxyrhina angustidens Reuss 1845
Genus Usakias ZHELEZKO & KOZLOV 1999 ウサキアス属 (絶滅)
 Usakias wardi Zhelezko & Kozlov 1999 (絶滅)


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
混泳
混泳同種・同型=× 混泳異種・異型=×
inserted by FC2 system