Alepisauridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*世界中【円鱗上目】。
*海水棲、汽水域進入性、深海棲、遊泳性、底棲【円鱗上目】。
*体は細長い(パイプ状)【円鱗上目】。
*円鱗(ごく一部例外あり)【円鱗上目】。
*発光器を欠く(例外あり)【円鱗上目】。
*頭部は大きい【円鱗上目】。
*眼球は吻端に寄る傾向(例外あり)【円鱗上目】。
*上顎は前上顎骨のみで縁取り、伸出不可【円鱗上目】。
*口は大きく斜位傾向、眼球の後方まで裂ける【円鱗上目】。
*顎に牙がズラリ【円鱗上目】。
*真の棘条を欠く【円鱗上目】。
*背鰭は体の中央に位置(例外あり)、基底長は様々【円鱗上目】。
*脂鰭を有する【円鱗上目】。
*腹鰭は体の中央・若しくは前方に位置【円鱗上目】。
*腹鰭軟条数8〜12【円鱗上目】。
*尾鰭は2叉【円鱗上目】。
*世界中【ヒメ目】。
*海水棲、汽水域進入性【ヒメ目】。
*一部眼球が管状【ヒメ目】。
*発光器を欠く(例外あり)【ヒメ目】。
*鰓弓の特殊化有り【ヒメ目】。
*第2咽鰓骨の著しい延長(後側面方向)【ヒメ目】。
*鰾は痕跡程度・若しくはこれを欠く【ヒメ目】。
*一部雌雄同体【ヒメ目】。
*卵生、卵は守らない【ヒメ目】。
*幼魚は鰭が目立つ【ヒメ目】。
*体高はかなり低い【ミズウオ亜目】。
*頭部は細長い【ミズウオ亜目】。
*発光器を欠く(例外あり)【ミズウオ亜目】。
*無鱗(例外あり)【ミズウオ亜目】。
*無鰾【ミズウオ亜科】。
*眼球は頭部の側面に位置【ミズウオ亜目】。
*脂鰭を有する(例外あり)【ミズウオ亜目】。
*世界中、太平洋・大西洋【ミズウオ科】。
*深海棲【ミズウオ科】。
*体は細長くやや円筒形【ミズウオ科】。
*脊椎骨数47〜51【ミズウオ科】。
*顎(口蓋骨)は長め、牙がズラリ【ミズウオ科】。
*頭部自体は小さめ、口は嘴状にはならない【ミズウオ科】。
*発光器を欠く【ミズウオ科】。
*鱗を欠くが孔は存在する【ミズウオ科】。
*背鰭は長大、頭部直後(主鰓蓋骨)から尾柄付近まで【ミズウオ科】。
*背鰭軟条数29〜48【ミズウオ科】。
*胸鰭は大きめ、腹鰭と臀鰭は小さい【ミズウオ科】。
*腹鰭軟条数8〜10【ミズウオ科】。
*臀鰭軟条数12〜18【ミズウオ科】。
*尾鰭は小さめで2叉、上葉先端はフィラメント状【ミズウオ科】。



Family ALEPISAURIDAE SWAINSON 1839 ミズウオ科
Alepisaurids (ミズウオ科魚種)
Lancet-Fishes (ミズウオ類)


Genus Alepisaurus LOWE 1833 ミズウオ属
   ※=Genus Alepidosaurus AGASSIZ 1846。スペルミス。
   ※+Genus Alepidosaurus AGASSIZ 1846 Sub-Genus Caulopus GILL 1862 (Type species : Alepisaurus altivelis Poey 1860)。
   ※+Genus Caulopus (GILL 1862) (Type species : Alepisaurus altivelis Poey 1860)。
   ※+Genus Plagyodontis STELLER ex PALLAS 1814 (Type species : Alepisaurus altivelis Poey 1860)。
   ※+Genus Plagyodus (STELLER ex PALLAS 1811) GÜNTHER 1867 (Type : Alepidosaurus aesculapius Bean 1883)。
   ※← [Plagyodontoidei BLEEKER 1870-1875]。
   ※← [Sub-Family Alepidosaurinae GILL 1862]。
   ※← [Sub-Family Alepisaurinae SWAINSON 1839]。
 Alepisaurus brevirostris "ツマリミズウオ"。
   syn.Alepisaurus brevirostris crozetensis
 Alepisaurus ferox Lowe 1833 ミズウオ
   syn.Alepidosaurus aesculapius Bean 1883
     Alepidosaurus borealis Gill 1862
     Alepidosaurus poeyi Gill 1863
     Alepidosaurus serrus Gill 1862
     Alepisaurus altivelis Poey 1860
     Alepisaurus azureus Valenciennes 1850
     Alepisaurus borealis (Gill 1862)
     Alepisaurus richardsonii Bleeker 1855
     Caulopus altivelis (Poey 1860)
     Plagyodontis aesculapia (Bean 1883)
     Plagyodus aesculapius (Bean 1883)
     Plagyodus borealis (Gill 1862)
   ※媚薬効果?
   ※Pelichnibothrium speciosum の寄生。
 Alepisaurus paronai D'Erasmo 1924 (絶滅)
Genus Argillichthys CASIER 1966 アルギルリクティス属 (絶滅) ※Aulopidae、Synodontidaeより。
 Argillichthys toombsi Casier 1966 (絶滅)


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
20℃
混泳
混泳同種・同型=× 混泳異種・異型=×
inserted by FC2 system