Achiridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*世界中、淡水〜汽水〜海水域、底棲、砂潜り【カレイ目】。
*左右不対象で眼球が左右何れかに纏まる(発生初期除く)【カレイ目】。
*眼球突出の魚種は砂潜り、突出しない魚種は保護色発揮の傾向【カレイ目】。
*体勢は眼球を欠く何れの側かを地面に倒す【カレイ目】。
*超側扁・体高は著しく高いが、活動状態を横から見れば超扁平【カレイ目】。
*背鰭と臀鰭が辺縁を飾り、通常無棘・その基底は長大【カレイ目】。
*背鰭と臀鰭は体を支えたり、鰭条を使用して前進することが可能【カレイ目】。
*背鰭は1基【カレイ目】。
*胸鰭は裏面に取り残され、通常表面より鰭条数が少ない【カレイ目】。
*卵生【カレイ目】。
*標本=背鰭を↑>頭部を左【カレイ目】。
*頭部の先端はつるりと丸い【ウシノシタ亜目】。
*口は鈎状に屈曲、主に裏面で活躍【ウシノシタ亜目】。
*眼球は非常に小さい。互いに接近【ウシノシタ亜目】。
*非対鰭に棘条は無い【ウシノシタ亜目】。
*余り遊泳せず、背鰭・臀鰭を用い(よいしょっと)這い回る【ウシノシタ亜目】。
*裏面を吸盤化、水槽のガラスなどに張り付く【ウシノシタ亜目】。
*新大陸【アメリカカレイ科】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【アメリカカレイ科】。
*体高があり真ん丸な種類も少なくない【アメリカカレイ科】。
*眼球は右に纏まる【アメリカカレイ科】。
*櫛鱗【アメリカカレイ科】。
*非対鰭は連続しない【アメリカカレイ科】。
*背鰭基底は口のすぐ上(眼球より前方)から始まる【アメリカカレイ科】。
*背鰭棘条0+軟条44〜84【アメリカカレイ科】。
*胸鰭は退化的、またはこれを欠く【アメリカカレイ科】。
*臀鰭棘条0+軟条34〜65【アメリカカレイ科】。
*尾鰭は円尾・尖型【アメリカカレイ科】。



Family ACHIRIDAE RAFINESQUE 1815 アメリカカレイ科
Achirids (アメリカカレイ科)
American-Soles (アメリカカレイ類)


Genus Achirus DE LA CÉPÈDE 1802 アキルス属
   ※+Genus Anathyridium (CHABANAUD 1928) (Type species : Solea gronovii Günther 1862)。
   ※+Genus Baeostoma CHABANAUD 1928。スペルミス。
   ※+Genus Baeostoma CHABANAUD 1928 Sub-Genus Anathyridium CHABANAUD 1928 (Type species : Solea gronovii Günther 1862)。
   ※+Genus Baiostoma BEAN ex GOODE & BEAN 1882 (Type species : Baiostoma brachiale Bean 1882)。
   ※+Genus Grammichthys KAUP 1858 (Type species : Pleuronectes lineatus von Linné 1758)。
   ※← [Achiria RAFINESQUE 1815]。
   ※← [Aghirini RAFINESQUE 1810]。
   ※"マルガレイ"・"南米淡水カレイ"。
 Achirus achirus (von Linné 1758) "ドラブソール"。
   syn.Achirus maculipinnis gunteri Chabanaud 1940
     Monochir punctifer de Castelnau 1855
     Monochirus lineatus Quoy & Gaimard 1824 non von Linné 1758
     Pleuronectes achirus von Linné 1758
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Achirus declivis "プレーンフィンソール"。
   syn.Achirus achirus declivis
   ※汽水域進入性。
 Achirus fordycei Schwarzhans 1980 (絶滅)
 Achirus gronovii (Günther 1862) ※位置不明種。
   syn.Anathyridium gronovii (Günther 1862)
     Baeostoma gronovii (Günther 1862)
     Baiostoma gronovii (Günther 1862)
     Solea gronovii Günther 1862
 Achirus klunzingeri "ブラウンソール"。
   ※海水棲。IUCN Least Concern ver.3.1
 Achirus lineatus (von Linné 1758)
   syn.Baiostoma brachiale Bean 1882
     Grammichthys lineatus (von Linné 1758)
     Pleuronectes lineatus von Linné 1758 non Quoy & Gaimard 1824
     Pleuronectes nigricans Bloch & Schneider 1801
   ※"ラインソール"
   ※汽水〜海水域。
 Achirus mazatlanus "マザトランソール"。
   ※淡水〜汽水〜海水域。IUCN Least Concern ver.3.1
 Achirus mediterraneus Arambourg 1927 (絶滅)
 Achirus mucuri
   ※汽水域進入性。
 Achirus novoae
   ※"オリノコ淡水カレイ"・ネットワークソール"。
   ※淡水棲。
 Achirus scutus
   syn.Solea scuta
   ※汽水域進入性。IUCN Least Concern ver.3.1
 Achirus zebrinus Clark 1936
   syn.Trinectes zebrinus (Clark 1936)
Genus Apionichthys KAUP 1858 アピオニクティス属
   ※+Genus Achiropsis (STEINDACHNER 1876) (Type species : Solea nattereri Steindachner 1876)。
   ※+Genus Solea KLEIN 1775 Sub-Genus Achiropsis STEINDACHNER 1876 (Type species : Solea nattereri Steindachner 1876)。
   ※+Genus Soleonasus EIGENMANN 1912 (Type species : Soleonasus finis Eigenmann 1912)。
   ※+Genus Soleotalpa GÜNTHER 1862 (Type species : Soleotalpa unicolor Günther 1862)。
   ※← [Family Achiridae RAFINESQUE 1815 Sub-Family Apionichthyinae JORDAN 1923]。
 Apionichthys dumerili Kaup 1858 "ロングテールソール"。
   syn.Apionichthys bleekeri Horst 1879
     Apionichthys nebulosus Peters 1869
     Apionichthys ottonis Steindachner 1868
     Apionichthys unicolor (Günther 1862)
     Aprinonichthys dumerili (Kaup 1858) ※スペルミス。
     Aprionichthys dumerili (Kaup 1858) ※スペルミス。
     Soleotalpa unicolor Günther 1862
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Apionichthys finis (Eigenmann 1912) "ポタロ淡水カレイ"。
   syn.Pnictes finis (Eigenmann 1912)
     Soleonasus finis Eigenmann 1912
   ※淡水棲。
 Apionichthys menezesi
 Apionichthys nattereri "アマゾン淡水カレイB"。
   syn.Achiropsis nattereri ※=Solea (Achiropsis) nattereri Steindachner 1876。
     Achiropsis normani
     Solea nattereri Steindachner 1876
   ※淡水棲。IUCN Least Concern ver.3.1
 Apionichthys rosai "アマゾン淡水カレイC"。
   ※淡水棲。
 Apionichthys sauli "メティカ淡水カレイ"。
   ※淡水棲。
 Apionichthys seripierriae "アマゾン淡水カレイD"。
   ※淡水棲。
Genus Catathyridium (CHABANAUD 1928) カタティリディウム属
   ※=Genus Baeostoma CHABANAUD 1928 Sub-Genus Catathyridium CHABANAUD 1928。
 Catathyridium garmani
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Catathyridium grandirivi "ブラジル淡水カレイ"。
   ※淡水棲。
 Catathyridium jenynsii (Günther 1862) "パラナ淡水カレイ"。
   syn.Achirus errans de Miranda-Ribeiro 1915
     Achirus jenynsii (Günther 1862)
     Achirus trichospilus Berg 1895
     Solea jenynsii Günther 1862
   ※淡水棲。
 Catathyridium lorentzii "パラグアイ淡水カレイ"。
   syn.Hypoclinemus paraguayensis
   ※淡水棲。
Genus Gymnachirus CHABANAUD 1928 ギムナキルス属 "シママルガレイ"。
   ※+Genus Nodogymnus CHABANAUD 1928 (Type species : Gymnachirus fasciatus Günther 1862)。
   ※← [Family Achiridae RAFINESQUE 1815 Sub-Family Gymnachirinae JORDAN 1923]。
   ※海水棲。
 Gymnachirus melas "北米ネイクソール"。
 Gymnachirus nudus Kaup 1858 "ネイクソール"。
   syn.Gymnachirus fasciatus Günther 1862
     Nodogymnus fasciatus (Günther 1862)
 Gymnachirus texae "メキシコ湾フリンジソール"。
Genus Hypoclinemus CHABANAUD 1928 ヒポクリネムス属
 Hypoclinemus mentalis (Günther 1862) "アマゾン淡水カレイE"。
   syn.Achirus hasemani Steindachner 1915
     Solea mentalis Günther 1862
   ※淡水棲。
Genus Pnictes JORDAN 1919 プニクテス属
   ※淡水棲。
 Pnictes asphyxiatus (Jordan & Goss 1889) "アマゾン淡水カレイA"。
   syn.Achiropsis asphyxiata Jordan & Goss 1889
     Apionichthys asphyxiatus (Jordan & Goss 1889)
   ※淡水棲。
Genus Trinectes RAFINESQUE 1832 トリネクテス属
   ※← [Family Soleidae BONAPARTE 1833 Sub-Family Trinectinae CHABANAUD 1930]。
 Trinectes fimbriatus "フリンジソール"。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Trinectes fluviatilis "淡水ソール(海外)"。
   ※淡水〜汽水〜海水域。IUCN Least Concern ver.3.1
 Trinectes fonsecensis "スポットフィンソール"。
   ※汽水域進入性。IUCN Least Concern ver.3.1
 Trinectes hubbsbollinger Duplain, Chapleau & Munroe 2012
 Trinectes inscriptus "スクロールソール"。
   ※汽水域進入性。
 Trinectes maculatus (Bloch & Schneider 1801) "ホッグチョッカー"。
   syn.Achirus fasciatus de la Cépède 1802
     Pleuronectes maculatus Bloch & Schneider 1801 non Mitchill 1814
     Pleuronectes mollis Mitchill 1814
     Trinectes fasciatus (de la Cépède 1802)
     Trinectes scabrus Rafinesque 1832
       ※模式種、但し先に記載された Pleuronectes maculatus Bloch & Schneider 1801 に統合。
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Trinectes microphthalmus
   ※汽水棲、海水域進入性。
 Trinectes opercularis "スポットチークソール"。
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Trinectes paulistanus "スリッパソール"。
   syn.Achirus affinis
     Achirus austrinus
   ※汽水域進入性。
 Trinectes xanthurus
   ※IUCN Least Concern ver.3.1


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
○(Achirus lineatusなど) ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
25℃
適性pH
7.0〜7.5
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system